ジャン・アルプ /ハンス・アルプ
ポスターはこちら
(1886-1966)  ドイツ生まれ フランス 、 ダダ、シュルレアリスム、画家・彫刻家
1887年、アルザス地方、ストラスブール生まれ。
アルプは彫刻家、画家でもあり、詩人でもあった。1904年には詩集を出している。
パリに一年間滞在。
その後、ワイマールへ行き、美術学校に入る。
1912年、カンディンスキーとともに「青騎士」の展覧会に参加。
1914年、モディリアーニ、アポリネール、フランスのキュビズムの画家たちと交流を持つ。
1916年、トリスタン・ツァラ、フーゴ・バル、エミー・ヘニングスらとスイスでダダイスム運動を起こす。
1926年、フランスのシュルレアリスムの陣営に加わる。
その後、人間の生を左右する神秘的な力の完全な統合を実現しようと作品に取り組む。
晩年はパリで制作し、1966年バーゼルで没す。

残念ながら、著作権の関係上、画像を載せられません。
画像が見られる美術館にリンクしてあります。そこから、御覧下さい。
アルプ・ミュージアム  レマゲン、ドイツ
ニューヨーク近代美術館MoMA
テイト・ギャラリー ロンドン
クロラー・ミュラー美術館  オッテルロー、オランダ
グッゲンハイム美術館  ニューヨーク
ハーシュホーン美術館  ワシントンD.C.
ボストン美術館  
ボストン美術館  
ワシントン・ナショナル・ギャラリー


ポスターはこちら


洋書

20世紀に戻る

*ホームページ | *西洋絵画 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学