ルイス・コンフォート・ティファニー
 1848-1933  アメリカ アールヌーボー /ステンド・グラス
ヨーロッパが主流だったアール・ヌーボーは、アメリカでは不毛であった。どうしてもヨーロッパ趣味直輸入の感があったが、そこで一人、ティファニーは精力的な活動をした。

1878年、商会を設立し、特にガラス器は世界的に名声を得た。特に「ファブリル・グラス」は有名。古代ガラスの玉虫色の光彩からの発想で、金属的な輝きと不透明の色彩に特徴がある。

ブラウン・ファブリル・グラス  1892   メトロポリタン美術館

花瓶  ファブリル・グラス  オルセー美術館

花瓶  ファブリル・グラス   ニューヨーク近代美術館MoMA


*ホームページ | *西洋絵画 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学