Rechel Ruysch
オランダ 女性画家・17世紀、 1665−1750

アムステルダムに生まれる。父親は解剖学と植物学の教授であり、素人だが絵心もあった。
彼女は花を描く画家として有名になった。肖像画家と結婚し、10人の子供を持ったにもかかわらず、絵を描き続けた。1708-1713の間、夫婦して宮廷画家として雇われた。

ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話