北方風景画

16世紀、北方絵画を特徴付けるのは風景画であった。
これ以前にも、カンピンデューラーの作品に見られるように、窓の外に広がる遠景として風景が描かれていた。
16世紀になると、その自然の光景はサイズが大きくなり、それに比べて、人間は小さく、風景の一部のように描かれるようになった。
しかしながら、自然が、人物画の背景としての隷属から解放され、その強さ、大きさが意識され、あるいはその叙情性を描き出されていくには、ブリューゲルを待たなければならなかった。

ヨアヒム・パティニール Joachim Patinir ( 1480-1525)
アルブレヒト・アルトドルファー Albrecht Altdorfer ( 1480-1526)
ピーテル・ブリューゲル (父)  Pieter Brueghel (1525−69) 


北方ルネサンスへ戻る
ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話