ニコラ・プッサン
Nicolas Poussin ( 1594-1665)
フランス   古典主義 、バロック

フランス古典主義の代表的画家。

パリでフォンテーヌブロー派を学ぶ。登場人物に演劇的な心理主義を応用し、独特の世界を完成させる。

パリの保守派の交渉を嫌悪し、42年以降、ローマに住む。

晩年は、哲学的世界、幻想性の強い寓意的風景画を描いた。

セザンヌ、ピカソなどの手本となった。

リシュリューとマザランの時代。フランスは古典主義を育てていった。しかし、その代表であるプッサンとクロード・ロランは、バロックの中心地ローマにおいて、古典主義を完成させたのである。

プッサンはノルマンディー地方のレ・ザンドレー出身である。少年時代のことは、ほとんど分かっていない。

1622年、イエズス会が、その創設者イグナティウス・デ・ロヨラとフランシスコ・ザビエルを聖別した記念に、6点の連作を描いた。

リュクサンブール宮殿ではフィリップ・ド・シャンパーニュとともに仕事をしている。

そうしたおり、イタリアの詩人マリーノの知遇を得て、オヴィディウスの『変身物語』の挿絵を描いた。

詩人マリーノの勧めで、イタリアへ渡ったのは1624年、30歳のときである。

プッサンの気性は激しかった。当時ローマは芸術の中心地である。多くの若い芸術家が集まっていた。プッサンは人と争うこともしばしばあった。

1630年以降はバロック的な作風を克服していく道程である。

1640−42年、一度、ルイ13世の招きで、フランスに戻っている。

しかし、地位を脅かされると思ったヴーエたちから、反発を受けたりで折り合いが悪く、再びローマへ戻り、以後、死ぬまでローマで過ごした。

首席宮廷画家と年金の栄誉を捨てたのである。

プッサンは、レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画論を研究し、主題の登場人物の情念を表すための研究をした。蝋で小さな人形を作り、いろいろなポーズの研究をした。

自分の激しい気性を抑え、内面世界を追求していった。

プッサンの作品が知的なのは、こういった厳しさの表れである。

アポロとダフネ
1625  Oil on canvas、97 x 131 cm   Alte Pinakothek, Munich
主題解説へ

ゲルマニクスの死
1627  Oil on canvas、148 x 198 cm    Minneapolis Institute of Art, Minneapolis
タキトゥス『年代記』より


ローマの将軍ゲルマニクスは人気があり、人々から愛されていた。皇帝ティベリウスはその人気を妬み、ゲルマニクスに毒を盛る。

死に瀕しているゲルマニクスと、その右側で泣いている女性は妻アグリッピーナ。
左側は、ゲルマニクスに忠誠を誓った将校や兵士たち。仇を討つことを誓っている。

プッサンが描きたかったのは、死につつある人への救済には大きな価値があること。それは友人らの忠実や愛であること。

アルカディアの牧人たち
1627  Oil on canvas  The Duke of Devonshire and the Chatsworth Settlement Trustees, Chatsworth, UK

聖カエキリア
1627-28  Oil on canvas,  118 x 88 cm  Museo del Prado, Madrid
主題解説へ

サテュロスに負われるニンフ
1627  Oil on canvas, 96 x 75 cm  カッセル絵画館
聖エラスムスの殉教
1628  Oil on canvas ,  320 x 186 c  Pinacoteca Vaticana, Vatican

アンドロス島の大酒宴
1628-30  Oil on canvas,   121 x 175 cm   Musee du Louvre, Paris
主題解説へ

エコーとナルキッソス
1628-30  
Oil on canvas,  
74 x 100 cm   

ルーブル美術館
オヴィディウスのナルキッソスの物語(メタモルフォーセース)は、16世紀、17世紀に好んで描かれた主題である。オヴィディウスはナルキッソスの物語に、ニンフのエコーの伝説を絡めた。

ナルキッソスの物語にエコーを加えて描いたのは、プッサンが最初だと考えられている。


リナルドとアルミーダ
1629  Oil on canvas  Dulwich Picture Gallery, London

ミダス王とバッカス
1629-30  
Oil on canvas,  
98 x 130 cm   

アルテピナコテーク、ミュンヘン


主題解説へ

アンドトの疫病
1630
Oil on canvas
148 x 198 cm   

ルーブル美術館
サムエル前書より

エホバの契約のは櫃(はこ)をペリシテ人がイスラエル人から奪った。その奪った櫃を、ペリシテ人の神ダゴンの寺院に置いた。翌朝、ダゴンの像が倒れていた。元通りにしたのだが、翌朝、今度は砕けて落ちていた。民衆だけでなく、僧侶までも恐れて、神殿に足を入れることをためらった。

時を同じくして、この町はすべての市民が腫物に苦しめられていた。

物語のすべての要素をプッサンは描き込んだ。左側中央には、契約の櫃がある。その櫃の左側にダゴン像が倒れている。寺院に入ることを恐れている群衆の姿。

疫病の情景は、左側前方に美しい着衣の青年は、一匹のネズミに恐れを抱いている。聖書の説明にネズミは黒死病(ペスト)を運ぶものとされている。

中央には、死んだ女性とその子供たちの悲惨な姿がある。彼女たちの上にかがみ込もうとする男は鼻を抑えている。

詩人の霊感
1630  Oil on canvas,   182,5 x 213 cm  ルーブル美術館

バッコスの哺育
1630-35  Oil on canvas, 97 x 136 cm  Musee du Louvre, Paris

フローラの王国
1631  Oil on canvas, 131 x 182 cm  ドレスデン絵画館

フローラの勝利
1631  Oil on canvas, 165 x 241 cm  Musee du Louvre, Paris

ケファロスとアウロラ
1631-33  Oil on canvas  National Gallery, London

黄金の仔牛の礼拝
1633-36  Oil on canvas  ロンドン・ナショナル・ギャラリー
主題解説へ

海神ネプチューンと海の女王アンピトリテの勝利
1634  Oil on canvas, 114,5 x 146,6 cm  Philadelphia Museum of Art, Philadelphia

サビニの女たちの略奪
1634-35  Oil on canvas,   154.6 x 209.9 cm  Metropolitan Museum of Art, New York

牧神パンの勝利
1636  Oil on canvas,   134 x 145 cm   ロンドン・ナショナル・ギャラリー

The Destruction of the Temple at Jerusalem
1637  Oil on canvas,   147 x 198,5 cm   Kunsthistorisches Museum, Vienna

パンとシュリンクス
1637-38  Oil on canvas,   106 x 82 cm  ドレスデン絵画館

人生の踊り
1638  Oil on canvas,   82,5 x 104 cm   Wallace Collection, London
主題解説へ

アルカディアの牧人たち
1638-40  Musee du Louvre, Paris
pou03.jpg (60036 バイト) 主題解説へ

階段上のマドンナ(聖家族)
1648  Oil on canvas  ワシントン・ナショナル・ギャラリー
主題解説へ

The Ashes of Phocion Collected by his Widow
1648  Oil on canvas  Merseyside County Art Galleries, Liverpool

自画像
1649  Oil on canvas,  78 x 65 cm   Staatliche Museen, Berlin

オルフェウスとエウリュディケのいる風景
1650-1  Oil on canvas、  120 x 200 cm  Musee du Louvre, Paris
pou02.jpg (60564 バイト) 主題解説へ


プッサン ポスター一覧

バロックへ戻る

*ホームページ | *西洋絵画 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学