サミュエル・パーマー
Samuel Palmer (1805-81)
イギリス   ロマン派

ブレークに傾倒し、青年期にショーラムの谷間に10年ほど暮らした。「エインシャツ」(古代人たち)という芸術家グループを結成した。中世愛好と神秘的、牧歌的な主題に関心を示した。第二次世界大戦中、ネオ・ロマン主義の人々に発見されるまで、パーマーの作品は忘れられていた。

インディアン・インク(墨)や水彩、不透明水彩などの混合技法を発展させ、中世の写本のような、強く輝くような画面を生み出した。

夕べの教会からの帰り
1830

30x20cm

落穂拾いから帰るルツ
1828-29

Victoria and Albert Museum, London

ロマン主義へ戻る

ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話  | 文学