バーネット・ニューマン
ポスターはこちら
 Barnett Newman (1905-70)
アメリカ  抽象表現主義

ニューヨーク生まれ。美術評論家。第二次大戦後、アメリカ人の独創性を発揮すべきだと主張。平板な色彩を垂直に区切る画法で、カラー・フィールド・ペインティング、あるいはミニマリストたちにモデルを提供した。
ニューヨーク・スクールの中ではおそらく最も有名。
本来は美術評論家で、抽象表現主義者を支持していた。
作品の細い線を、ニューマンは「ジップ」と呼んだ。ジッパーからの造語である。

≪残念ながら著作権の関係上、画像を載せられません。下の美術館リンクで画像を参照して下さい≫
美術館リンク (作品の画像を見ることができます
ワシントン・ナショナル・ギャラリー
カナダ国立美術館  オタワ
ニューヨーク近代美術館
シカゴ美術館 
デトロイト美術館
ホィットニー美術館  ニューヨーク


ポスターはこちら



20世紀絵画へ戻る

ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話  | 文学