ネール、アールト・ファン・デル
Aert van der Neer (1603-1677)
オランダ バロック

夕日や月光の風景画を好んで描いた。「夜の画家」とも呼ばれ、詩情をたたえた絵が多い。

風景の中には、必ず人が入り、自然とともにある生活を忘れていないところに、オランダらしさがある。

風車のある風景 Landscape with Windmill
1647-49
Oil on wood, 69,5 x 92,5 cm
The Hermitage, St. Petersburg
オランダには山がない。平地である。絵にするにはアクセントが乏しい。風車は、そういったオランダにおいて、格好のアクセントとなる。

左奥にも風車があるが、その間の空間表現が見事である。

ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話  | 文学