画家名・アーティスト名一覧  Artist INDEX
     |      |      |  ちつ   | なにぬねの
     |      | やゆよ |      |  
ミニャール
ミニャール
Pierre Mignard (1612-1695)
フランス バロック
ミニャールの聖母子像は、優美で甘美。そして、そういった聖母像は「ミニャルド(ミニャール風)と呼ばれた。愛らしく優雅な人を形容する言葉として今日でも用いられている。


トロワに生まれた。兄ニコラは宗教画家であった。シモン・ブーエのアトリエで学び、その語20年以上、イタリアで過ごした。

フランスへ戻ってからは、ル・ブランのライバルとして活躍する。


17世紀末、20年間ほどは、プッサン的、あるいはラファエロ的な秩序をもった絵画表現に、反抗する勢力が現れた時代でもある。

それは、ルーベンス的な、自然に近い表現が、より優れているとする勢力であった。

その中の一人に、ミニャールがいた。

ル・ブランの勢力を追い払い、彼に取って代わったのが、後に、アカデミー会長となる、ミニャールであった。

ル・ブランよりも7歳、年長であったので、アカデミーの会長になったのときは、すでに78歳であった。

ブドウを持つ聖母   The Virgin of the Grapes
1640s
Oil on canvas, 121 x 94 cm
Musee du Louvre, Paris

贖罪の寓意のある聖家族
1650-55

oil on canvas, 120x100cm

ルーアン美術館
リンゴを持った蛇が、地球を取り巻いている。地球は『創世記』の誘惑と原罪を想起させる。

キリストが座っている土台は、キリストの訓を象徴している。ヨセフは空中の十字架を指差している。イエスの使命を語っている。

The Heavenly Glory
1663
Fresco
ヴァル・ド・グラース、パリ  Val-de-Grace, Paris
パリのバロック形式の教会では、最も見事なフレスコ画の一つ。ローマのサン・ピエトロ寺院を真似て建設された。

三位一体の栄光を表し、周りには聖者、殉教者、王族など、合計200人以上の人物が描きこまれている。

今日、フランスにただ一つ存在する、17世紀の丸天井である。

聖カタリナの神秘の結婚   The Mystic Marriage of St Catherine
1669

Oil on canvas. 134x105 cm


State Hermitage Museum, Saint Petersburg

マドモアゼル・ブロワの肖像 (別名:シャボン玉の少女)Girl Blowing Soap Bubbles
1674
Oil on canvas, 132 x 96 cm
Chateaux de Versailles, Versailles

ペルセウスとアンドロメダ  Perseus and Andromeda
1679
Oil on canvas, 150 x 198 cm
Musee du Louvre, Paris

キリストとサマリアの女  Christ and the Woman of Samaria
1690

Oil on canvas, 16 x 12 5/8 in. (40.6 x 32.0 cm.)

ルーブル

Pan and Syrinx
c. 1688-90
oil on canvas 、28 3/4 x 38 1/2 in
Sarah Campbell Blaffer Foundation

クレイオ  Clio    (歴史の美神)
1689
Oil on canvas, 143,5 x 115 cm
Museum of Fine Arts, Budapest

Christ with the Reed
1690

Musee des Augustins, Toulouse, France

The Marquise de Seignelay and Two of her Children
1691
Oil on canvas, 194 x 155 cm
National Gallery, London

バロックへ戻る

*ホームページ | *西洋絵画 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学