アンリ・マティス
ポスターはこちら
Matisse, Henri 1869-1954)
フランス  フォヴィスト(野獣派)

画家としての、マティスのキャリアは長く、スタイルも様々である。印象派から、抽象画に近いものまで幅広い。

フォヴィスト(野獣派)の画家として出発した。フランスのリヴィエラ海岸地方(南仏)のニースとヴァンスに住み始めてから、色彩への賛美は始まった。

1941年、十二指腸ガンを宣告され、以後、車椅子の生活になった。ヴァンスのロザリオ礼拝堂の壮大な壁画を完成させたのは、そんな状態の中でであった。
マティスは神経質で心配性な気質であった。ピカソは田舎者であることを気にしている、小心者であった。しかし、互いに、そのマイナス面はうまく隠された。

二人とも、独自のスタイルの絵画の中に、その障害となるマイナス面を、うまく昇華させた。ピカソは絵画の中で、女性に対する恐怖心を焼失させた。マティスは、絵画を描くことで、神経質な気分を落ち着かせていった。
マティスは「野獣派の王」として有名になった。しかし、この紳士的で、知的な画家にとって、野獣派という言葉自体、不似合いである。マティスは情熱的ではあるが、野性的などでは決してない。
(無断転載禁止)

緑の筋のある女:マティス夫人 Green Stripe ( Madame Matisse )  、1905
Oil and tempera on canvas, 40.5 x 32.5 cm
Royal Auseum of Fine Arts, Copenhagen, Denmark
フォーヴ(野獣派)時代の代表作から見ていこう。

1905年、驚くような、妻の肖像画を描いた。肖像画のスタイル自体は、それまでのように型にはまっている。しかし、マティスは、妻の印象を説明するために、色だけを使っているのである。

妻のうりざね顔を、中央の緑色の縦線で、二つに分け、人工的な影の線を作っている。妻の冷めた一面と、温かみのある一面を表現しているのである。右側は暖かな肌色で、左側は冷たい感じの色になっている。

頭の上で結んである髪は、紫色である。背景は三色で、けっして控えめとはいえない。右側は緑色、冷静な妻。左側は藤色とオレンジ色。彼女の着ている洋服の色とぶつかり合うような、激しさのある、情熱的な妻。

人間の一面を描いていた従来の肖像画とは、なんとかけ離れたことか。

人間は一面だけではありえないし、一つの性格だけではない。多様である。しかし、全体的には、調和のとれた、一人の人間なのである。

The Conversatin  、1909
177 x 217 cm, Oil distemper on canvas
The Hermitage : St.Petersburg
次の時代は実験的であった。三次元空間を捨て、単純な色と平面的な絵画のスタイルを選び、その中に、知的に力強く何かを訴えるように絵画を描いた。

その一つが The Conversation である。夫と妻の「会話」である。しかしその「会話」には、声に出す言葉はない。

二人は対立している。マティスの自画像である男は、支配的に直立している。

女は不機嫌に、椅子にもたれかかっている。いや、椅子に閉じ込められているのである。肘掛は彼女を取り囲んでいる。

椅子自体が、背景に呑みこまれていて、区別がつかない。彼女は身動きが取れない刑務所の中にいるのである。

窓は開かれ、その向こうには、明るく和やかな庭がある。彼女が行きたい場所。窓は逃亡を示唆しているが、鉄枠はそれを不可能だと思わせるほど、しっかりとしている。

男はパジャマ姿である。高く、そびえるように直立し、彼女の無言の抵抗と対立している。

パジャマの縦線がまっすぐ入っていて、男の堅実さを物語るが、ある意味、融通性の無さも示唆している。首は太くて、厚く、まっすぐに筋の通っている男の輪郭は、まったく頑固な、激しさを持つ矢のようである。

この敵意のある会話の場面の、ただ一つの言葉は、窓の鉄枠の装飾に書かれている。NON である。彼は、女が行きたがっている、外の世界に向かって、NON と言っているのだろうか。

≪残念ながら著作権の関係上、画像を載せられません。下の美術館リンクで画像を参照して下さい≫
このマークをクリックしてください
修業時代 1890−99
1898  フルーツとコーヒーポット エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1898-99   ひまわり エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1897  青い鍋とレモン エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
フォーヴの時代 1900-08
1900  テーブルの上の食器 エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1901  ルクセンブルグの庭 エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1901  皿とフルーツ エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1903  軒下のスタジオ サンフランシスコ美術館
1905   コリウールの眺め エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1906  赤と黒のカーペット上の皿とフルーツ エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1906  花瓶、ボトルとフルーツ エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1907  テラスの女性 エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1907  花 エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
ダンス・モロッコ時代 1908-13
1908  ニンフとサテュロス エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1908  ボール遊び エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1908  赤い部屋(赤い調和) エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1909  「ダンス」のある静物 エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1909   青いテーブルクロスと静物 エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1909-1910  ダンス エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1910  音楽 エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1910  赤いチェストの上のピンクの小像と水差し エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1910   静物 セヴィリア エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1910   静物 スペイン エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1910  チューリップと少女 エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1911   画家の家族 エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1908/12   会話 エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1912  立てるゾラ エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1912  ベランダの花 エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1912  グリーンの衣装のモロッコ人 エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1912   アイリス エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1913  マティス夫人の肖像 エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1913   ムーア人のカフェ エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1916  イタリアの女性 サンフランシスコ美術館
開いた窓の時代 1914-17
1916  りんご シカゴ美術研究所
1916-17  ロレットとコーヒーカップ シカゴ美術研究所
ニースの時代 1918-30
1919   グリーンのサッシュ(帯) シカゴ美術研究所
1921  バラ色のソファーベッド上の女性 シカゴ美術研究所
1921-23  水槽の前の女性 シカゴ美術研究所
1923  ピンクのドレスの若い女性 サンフランシスコ美術館
1926  ピューター製の皿とレモン シカゴ美術研究所
1927  バレリーナ エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
ニースの時代U 1931-54
1931  習作 ダンス(バーンズ財団の依頼で制作された壁画の習作) メトロポリタン美術館  ニューヨーク市
1936  青のブラウスの若い女性 エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1939  デイジー(ヒナギク) シカゴ美術研究所
1939  黄色と青のドレスの女性とギター シカゴ美術研究所
1947  花 サンフランシスコ美術館
1947   Portrait of Lydia Delectorskaya エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
1948  海 (ナンバー18/30) シカゴ美術研究所
1951   木 メトロポリタン美術館  ニューヨーク市
1954   展示会ポスター インディアナポリス美術館 インディアナ
マティス 世界の美術館リンク集
(マティスの作品画像を見ることができる世界中の美術館リンク集)
FBI 盗難絵画 プログラム
ニューヨーク近代美術館
テイト・ギャラリー ロンドン
フィラデルフィア美術館
チューリッヒ国立美術館  スイス
ハーシュホーン美術館・彫刻庭園  ワシントンD.C.
ワシントン・ナショナル・ギャラリー
リヨン美術館 フランス
リヨン美術館 フランス
ダラス美術館  テキサス
Fitzwilliam Museum PHAROS Website  ケンブリッジ イギリス
グッゲンハム美術館  ニューヨーク市
マティス美術館  ニース フランス
メトロポリタン美術館  ニューヨーク市
メトロポリタン美術館  ニューヨーク市
メトロポリタン美術館  ニューヨーク市
メトロポリタン美術館  ニューヨーク市
メトロポリタン美術館  ニューヨーク市
ヒューストン美術館  テキサス
ヒューストン美術館  テキサス
ボストン美術館
スコットランド国立美術館  エジンバラ イギリス
オーストラリア国立美術館  キャンベラ  オーストラリア
カナダ国立美術館  オタワ
ロンドン・ナショナル・ギャラリー
ノートン・サイモン美術館  パサデナ カリフォルニア
サンフランシスコ近代美術館
Accademia Carrara  ベルガモ  イタリア
アレン記念美術館  オベリン  オハイオ
アレン記念美術館  オベリン  オハイオ
Art Collection of the Biblioteca Luis Angel Arango  コロンビア
ニュー・サウス・ウェールズ美術館  シドニー  オーストラリア
オンタリオ美術館  トロント カナダ
Art Gallery of the University of Rochester  ニューヨーク
アシュモリアン美術館  オックスフォード大学  イギリス
Ball State Museum of Art  インディアナ
Baltimore Museum of Art  ボルティモア 
ブロック美術館  ノースウェスタン大学  イリノイ
Charleston, the country home of the Bloomsbury Group イースト・サセックス イギリス
クライスラー美術館  ノーフォーク  ヴァージニア
クリーヴランド美術館  オハイオ
クリーヴランド美術館  オハイオ
コロンバス美術館  オハイオ
コートールド美術研究所  ロンドン
David Winton Bell Gallery at Brown University  プロヴィデンス  ロードアイランド
E.G. Buhrle Collection  チューリッヒ
Falmouth Art Gallery  イングランド
インディアナ大学付属美術館  ブルーミントン
Johnson Museum of Art at Cornell University  イサカ ニューヨーク州
Johnson Museum of Art at Cornell University  イサカ ニューヨーク州
Kimbell Art Museum  フォート・ワース  テキサス
チューリッヒ美術館  スイス
ノルトライン=ヴェストファーレン美術館  デュッセルドルフ  ドイツ
Los Angeles County Museum of Art Database  ロサンゼルス
Mildred Lane Kemper Art Museum  セント・ルイス  ミズーリ
グルノーブル美術館  グルノーブル  フランス
オランジェリー美術館  パリ  フランス
ポルドー美術館  フランス
マティス美術館  Le Cateau-Cambresis    
サンパウロ美術館  ブラジル
リヨン美術館  フランス
リヨン美術館  フランス
ジュネーヴ美術館  スイス
Nasher Sculpture Center  ダラス テキサス
ェールズ国立美術館  イギリス
ノートン美術館  ウエスト・パーム・ビーチ  フロリダ
ノートン美術館  ウエスト・パーム・ビーチ  フロリダ
Palazzo Ruspoli  ローマ イタリア
Pulitzer Foundation for the Arts  セントルイス ミズーリ
プーシキン美術館  モスクワ  ロシア
Reading Public Museum  ペンシルヴェニア
ベルギー王立美術館 データベース
ベルギー王立美術館 データベース
ベルギー王立美術館 データベース
セント・ルイス美術館  ミズーリ
セント・ルイス美術館  ミズーリ
サンタ・バーバラ美術館  カリフォルニア
サンタ・バーバラ美術館  カリフォルニア
Smart Museum of Art  シカゴ大学
シュトゥットガルト州立美術館  ドイツ
Statens Museum for Kunst  コペンハーゲン
Studio Esseci  イタリア
The Coe College Permanent Collection of Art  Cedar Rapids  アイオワ
The Menil Collection  テキサス
ティッセン=ポルネミサ美術館  マドリード スペイン
ウォーカー・アート・センター  ミネソタ
Weatherspoon Art Museum  ノース・カロライナ大学


ポスターはこちら



20世紀絵画へ戻る

ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話  | 文学