モリス・ルイース
Morris Louis ( 1912-62)
アメリカ  色彩派

ボルティモアで生まれる。両親はロシア人。大不況の時期にアメリカ芸術プロジェクトに参加。ニューヨークでエナメル顔料を使うことを学んだ。50歳で肺がんで亡くなった。

残念ながら、著作権の関係上、画像を載せられません。画像が見られる美術館のサイトにリンクしてあります。そこから、御覧下さい。
モーリス・ルイス 世界の美術館リンク集
(各画家、アーティストの作品画像を見ることができる世界中の美術館リンク集)
ニューヨーク近代美術館
ワシントン・ナショナル・ギャラリー
メトロポリタン美術館  ニューヨーク
グッゲンハイム美術館  ニューヨーク
ダラス美術館   テキサス
ノースカロライナ美術館
サンフランシスコ美術館
テイト・ギャラリー  ロンドン
ハーシュホーン美術館、彫刻庭園  ワシントンD.C.


20世紀絵画へ戻る

*ホームページ | *西洋絵画史 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学