タマラ・ド・レンピッカ
ポスターはこちら
Tamara de Lempicka (1898-1980)
アール・デコ
ポーランド、ワルシャワ生まれ。 1916年結婚。1918年、パリに移住。
1925年、アール・デコ展覧会に作品を出す。 離婚後、1933年再婚。
1939年、アメリカに移住。

オートポートレート 「緑色のブガッティに乗るタマラ」
1925, oil on wood, private collection

ソンミ侯爵の肖像
1925, oil on canvas, private collection

エリストフ殿下
1925, oil on canvas, private collection

バルコニーのキゼット (レンピッカの娘)
1927, oil on canvas, Musee National d'Art Moderne, Paris

若い女たち
1927, oil on wood, private collection.


ポスターはこちら


和書・洋書

*ホームページ | *西洋絵画史 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学