フレデリック・レイトン
ポスターはこちら
Frederic、Lord Leighton (1830-1896)
イギリス   古典主義

アポロンの優美とユピテルの威厳を持ち、天性の敏悽な肉体と寛大な心を持つ美男子であった。

実際、レイトンが卿の称号をもらったのは晩年であるが、その芸術、その生活そのものが、すでに貴族のようであった。ヴィクトリア朝の礼節をわきまえ、真面目で、穏やかな人物であった。

その性格は、彼の絵画に顕著に表れている。ブーグローのような好色性もなく、気品があり、どちらかというと中性的な絵画を描いた。

同時代人たちはレイトンの栄光が永遠のものだと疑わなかった。

レイトンはヨークシャーのスカボローで医者の息子として生まれた。家族はヨローッパ中を旅行した。
息子には数カ国に留学させ、その結果、レイトンは数ヶ国語に堪能であった。

1840年、家族はローマに移住した。父親はレイトンが医者になることを望んでいた。しかし、レイトンが画家になりたいと話すと、それを応援した。

当時、主な美術家はロイヤル・アカデミーで学んだが、レイトンは違った。ブリュッセル、パリ、フランクフルトで学んでいた。

レイトンは新古典主義の様式で知られていた。中東への旅は彼に多大な影響を与え、画風はオリエンタリズムへと変わっていった。初期の作品は歴史画、特に中世であった。

1855年、『チマブーエの「聖母子」』はローヤル・アカデミーに展示され、ヴィクトリア女王買い上げとなった。まだ、25歳であった。

レイトンはホランドパークの地域に住んだ。彼の邸宅は、ギリシャ風に飾られ、「千夜一夜物語」の豪華さと華麗さがあった。

1878年にローヤル・アカデミー会長に選ばれ、20年間勤めた。芸術家では初めて、卿(サー)の称号を与えられた。しかしそのときはすでに重い扁桃炎に侵されていて、同月亡くなった。

レイトンの絵画はジェロームブーグローカバネルといった第二帝政期の画家たちに引き継がれる。

死後急速にその名を忘れられた。60−70年後、再評価される。

レイトンが忘れ去られた原因はなんであろう。それは「美」である。あらゆるものが美しく描かれているところには、いかなる美も生じえない。レイトンの師匠シュタインレは言っている。

もちろん忘れられたのはレイトンだけではない。アルマ=タデマワッツ、その他アカデミー・アートの面々など数多くいる。彼らのアカデミー的な滑らかな形態、蝋のような肌。この非現実性が、のちにマネの『オランピア』によって、打撃をこうむることになったのである。

   

001 The Death of Brunelleschi
1852

002 フィレンツェ市内を巡幸するチマブーエの<聖母子> Cimabue's Celebrated Madonna
leig31.jpg (68051 バイト) 1853-5 、ロンドン テイト・ギャラリー
leig33.jpg (56198 バイト) detail of the left

003 ロミオとシュリエットの亡骸の前で和解するモンタギュー家とキャピュレット家の人々
leig44.jpg (43685 バイト) 1853-5

004 漁師とセイレーン The Fisherman and the Siren
leig04.jpg (30351 バイト) 1858
Oil on canvas
26 x 19 in
City of Bristol Art Gallery, Bristol


005 A Roman Lady (La Nanna)
1858 - 1859
Oil on canvas
80 x 52 cm
Private collection



006 パヴォニア
1858-9
oil on canvas
53 x 41.5 cm (21 x 16.5 in)
Private collection



007 パヴォニア

1859
oil on canvas, 57.8x50.2cm
英国王室コレクション  The Royal Collection Her Majesty Queen Elisabeth U

008 Garden of an Inn, Capri
1859
oil on canvas
48.9 x 66.7 cm
Birmingham Museums and Art Gallery

009 メイ・サートリス嬢
1860
oil on canvas
152.1 x 90.2 cm
Kimbell Art Museum, Fort Worth, Texas



010 無言歌
1860-1

011 Odalisque
1862

012 ベツレヘムの星

1862
oil on canvas, 152.4x59.7cm
private collection

013 Sisters

1862
Oil on canvas
76.2 x 38.1 cm
Private collection

014 孔雀に餌をやる娘  A Girl Feeding Peacocks

1862-3
188 x 160 cm



015 くだもの籠を持つ娘  Eucharis: A Girl with a Basket of Fruit

1863
83.8 x 57.8 cm
Private collection



016 イザベルとアハブ  

1863
oil on canvas
238.8x231.1cm
スカーバラ・アート・ギャラリー、スカーバラ  Scarborough Art Gallery

017 The Painter's Honeymoon
1863-4
Oil on canvas
83.5 x 76.8 cm
Museum of Fine Arts, Boston



018 Dante in Exile

1864
oil on canvas
152.5 x 254.0 cm
Private collection

Detail of the left

Detail of the right

019 The Golden Hours

1864

   

レイトン ポスター一覧


ラファエル前派へ戻る

*ホームページ | *西洋絵画史 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学