ル・ナン3兄弟
Le Nain  ( 1600-)
フランス  バロック、古典主義
17世紀、最大の「農民画家」。

彼らは農民ではない。19世紀中頃まで、忘れられていたいたので、生涯、作品など、詳しいことはわかっていない。

3兄弟で、ピカルディ地方のラン出身。裕福な家庭に育っていることは分かっている。

いずれも生地で絵画を学んだ後パリに移り、自由な修行が認められたサン・ジェルマン地区に定住。

イタリア的古典主義がパリで盛んになるにつれ、風俗画、とりわけ農民を描いた作品に新境地を見出す。

パリにやってきて、1620年代の末には、名を知られた存在になった。パリのプティ・ゾーギュスタン修道院礼拝堂に「聖母の生涯」を制作している。

教会や私邸のための歴史画家、肖像画家として活躍。パリ市庁やルイ13世の庇護を受け名声を高めていく。

1648年の王立絵画アカデミーが創設されたが、兄弟三人ともに、その会員に認められている。

同年、1648年5月に、ルイとアントワーヌが相次いで亡くなった。

一番末の弟、マチュウは健在で、1662年、サン・ミッシェル騎士団の印綬を受けるまでになった。貴族の仲間入りをしたのである。

しかし、その後、マチュウは、かつて自分が画家であったということを、隠していたらしい。ル・ナン兄弟が忘れられていったのも、こういった理由によるのかもしれない。

ひとつ、謎がある。彼らが、なぜ農民画を描いたか、ということである。いったい、誰の注文で、どのような目的で描かれたのか、分からないからである。絵画そのものも、はたして、当時の農民を写しているかどうかも疑問が残っている。

当時は農民は貧しかった。しかし、ル・ナン兄弟の絵の農民は、さほど、貧しい服装をしていない、という説がある。

当時の新興市民たちは、少しずつ豊かになっていた。その中で、特に豊かになった市民は農村に自分の農場を買ったりしていた。この絵は、その買った農場へ出かけていった、市民なのではないか、という説である。

もう一つは、この頃、宗教団体が、貧しい農民に対して、慈善活動をしていた。「農家の食事」などは、その慈善活動ではないかという説である。

いずれも、まだ、仮説の段階なのだそうだ。

アカデミー美学が主流となった17世紀末からは、無視されるに等しかったが、19世紀半ばに再発見され、今日ではフランスを代表する作家とみなされている。

農家の家族 Peasant Family
nain01.jpg (45060 バイト) about 1640

農家の食事 Peasant Meal
nain02.jpg (46520 バイト)

バロックへ戻る
*ホームページ | *西洋絵画史 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学