パウル・クレー
ポスターはこちら
Paul Klee (1879−1940)
スイス  表現主義
ドイツ系スイス人、ベルン近く、ミュンヘンブフゼーで音楽教師の家に生まれた。クレーもヴァイオリンの名手で、ピアノ教師と結婚。

キュビズムからの影響に加え、民族美術、幼児の絵にも大きな関心があった。

クレーの作品は、視覚的に魅力的だか、その意味を解するのは説明がいる。風刺画によく見られる題名と絵との相互依存関係があるのだ。題名だけでもピンとこないし、絵だけでもピンとこない。両方が必要なのである。
そういった風刺画的な、題名と絵との関係も捨てることなく、逆にそれを芸術へ高めていった。

クレーは絵と言葉の遊びの性格を利用した。美術は記号の言語であり、観念の表象である形態の言語ある。記号は、私たちが見た瞬間に自動的に意味を発する。記号を引き金にして、見る者の意識に作用させる。
実は大変に統制がとれていて、理論に体系的な流れがあるのが、クレーの絵画である。

1900年からミュンヘンの美術学校へ半年通う。ここでは分離派のシュトゥックから教えられた。
1911年からカンディンスキーらの「青騎士」グループと交流。
1912年に「青騎士」の第二回展に参加した。
同年、パリにいたロベール・ドローネーを訪問している。

1914年、チュニジアへ旅した。このころから色彩に関心を持つようになる。これ以後は色で構成された抽象的が作品を描くようになる。抽象的で、合わせて詩情ある作風になるようになった。

1916年、第一次大戦に徴兵された。親友のフランツ・マルクが戦死している。

1920年〜30年、ワイマール、デッサウのバウハウスで教えた。絵画教育を理論化することに貢献する。
1931年からデュッセルドルフ美術学校へ移る。
1933年、ナチスに追われ、以後ベルンに定住した。102点の作品がナチスに没収され、1937年の「堕落美術展」には、そのうち17点が展示されたという。

晩年は皮膚硬化症と戦いながら、1928年に行ったエジプト旅行で関心を持った形象の記号化を進めた。
また幼児の絵のような表現「天使」の連作など簡潔であり、なおかつ詩情ある作品を残した。
肺結核で61歳で亡くなった。

〜1913年 初期作品  黒い水彩画などを試みていた時期

窓辺でドローイングをする人
1910    30x24.5cm   ベルン、フェリックス・クレー蔵

1914〜1920年   
   1914年、チュニジアに旅行。色彩に関心を持つ。
   ようやく「色彩」をとらえて、画家への道が開けてきた頃。絵も抽象的になっていく。

   1916〜18年、ドイツ軍に徴集される。有名な「日記」は除隊のところで終わっている。

   1919〜20年頃から油彩画が始まる。

1914

赤い丸屋根と白い丸屋根
1914  14.6 x 13.7 cm   Kunstsammlung Nordrhein-Westfalen, Dusseldorf

ある庭の記憶
1914  25.2 x 21.5 cm  Kunstsammlung Nordrhein-Westfalen, Dusseldorf

南チュニジアの庭

灰色の夜から現れ出るとき
1918, watercolor on paper mounted on cardboard、25x15.5cm ,ベルン美術館
パウル・クレー 「灰色の夜から現れ出るとき」 画像

Cosmic Architecture
1919  50 x 30 cm  アルメニア

バイエルン人ドン・ジョヴァンニ
1919
グッゲンハイム美術館

風景の中の黒い支柱
1919    20.4 x 26.3 cm   メトロポリタン美術館

1921〜1933年  一貫して「造形」を念頭におきながら、モティーフを変えて追及。
  1930年 大回顧展
  1931〜33年 デュッセルドルフ美術専門学校で教える。

夢の都市
1921、48x31cm 、個人蔵
パウル・クレー 「夢の都市」 画像

ゴールに入る走者
1921
グッゲンハイム美術館

アダムと小さなイヴ
1921  31.4 x 21.9 cm   メトロポリタン美術館

赤い風船
1922
グッゲンハイム美術館

幻想オペラ劇「航海者」の戦いの場面
1923   39x29cm    パリ、ハインツ・ベルグリューエン蔵
パウル・クレー 「幻想オペラ劇「航海者」の戦いの場面」

黄色の鳥
1923

いにしえの響き
1925、38x38cm、バーゼル美術館
パウル・クレー 「いにしえの響き」 画像
「魔法的方形」の中の代表作

金色の魚
1925  50 x 69 cm   ハンブルク美術館、ドイツ
パウル・クレー 「The Gold Fish 」 画像 金色の魚は、深海の王国で光を発している独裁者のよう。他の魚たちは一定の距離を置いている。

金色の魚の胴体には古代ルーン文字が描かれ、謎めいた感じを醸し出している。
尊厳、孤独、ピエロ的。

黒い騎士
1927  

本通りと脇道
1929 、83x67cm  ミュンヘン・ヴァルナー・フォーヴィンケル美術館
パウル・クレー 「本通りと脇道」 画像

パルナッソス山へ
1932   Oil on canvas, 100 x 126 cm   ベルン美術館
パウル・クレー 「パルナッソス山へ」 画像

1934〜1940年
  1933年、デュッセルドルフでは、ナチスのヒトラーが前衛画家の弾圧を始めたため、クレーは、スイスのベルンへ亡命。しかし、ドイツにあった銀行預金が凍結され、経済的に貧窮。さらに「皮膚硬化症」という病気のため、手が思うように効かなくなる。

手が動かないので、太い線を使った作品や、天使をテーマにした作品を多く描く。

南の庭
1936

ナイルの伝説
1937   69 x 61 cm   ベルン美術館
インシュラ・デュルカマーラ
1938 、Oil on newsprint, mounted on burlap, 31 、88x176cm , ベルン美術館
パウル・クレー 「インシュラ・デュルカマーラ」 画像

天使志願
1939  48.9 x 34 cm  メトロポリタン美術館

死と火
1940  44x46cm  ベルン美術館
パウル・クレー 「死と火」 画像




ポスターはこちら



20世紀絵画へ戻る

*ホームページ | *西洋絵画史 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学