フェルナン・クノップフ
ポスターはこちら
(1858-1921)  ベルギー  象徴主義 、 世紀末芸術
クノップフはバーン=ジョーンズと交友があり、英国びいきで、知的なダンディであった。
父親は控訴院判事。元ハイデルベルクの貴族の家柄。

グレムベルゲンに生まれるが、すぐにブルージュに移った。
ブルージュでフランドル絵画のファン・アイク、メムリンクなどに親しむ。

ブリュッセル大学で法律を勉強したが、途中で芸術に変更し、ブリュッセル美術アカデミーに学んだ。
この時の師がグザヴィエ・メレリであった。メレリは後に薔薇十字展に出品している。クノップフの象徴主義的傾向はメレリの影響が強い。

1877年から何度かパリへ行き、ドラクロワやギュスターヴ・モローの影響を受けた。
1878年パリ万国博覧会があり、そこではバーン=ジョーンズ、ジョン・エヴァレット・ミレイなどのラファエル前派に感銘を受けた。

1883年、「飛躍」展で画家デビュー。
1884年に創立された「二十人会」のメンパーとなる。
1892年、第一回薔薇十字展に参加。この時、ベラダンから賛美され、ベラダンの著作の装丁や挿絵を描いた。
「二十人会」解散後は、自由美学展にも参加。

クノップフの作品には妹マルグリットが数多く登場する。クノップフにとって妹は、もう一人の自分だという意見もある。様々なコスチュームを着せ、写真に撮り、それを作品に描いた。

聖アントニウスの誘惑
1883  83 x 83 cm    

Jeanne Kefer
1885

ヴェール
1887  40 x 21 cm   シカゴ美術研究所

ジョルジュ・ローデンバックとともに  死都
1889  ブリュッセル 個人蔵

思い出
1889   127 x 200 cm   ベルギー王立美術館

海岸にて
1890

沈黙
1890  パステル  85 x 41.5 cm   ブリュッセル王立美術館

私は私自身に対してドアを閉ざす
1891  72 x 140 cm   ノイエピナコテーク  ミュンヘン

私を救い出す者は誰でも・・
1891  

森 、モミの木の下
1894  65.5 x 44 cm   

愛撫
1896  50 x 150 cm  ベルギー王立美術館  ブリュッセル

眠れるメデューサ
1896  72 x 29 cm

女性の頭部
1899

ミュージシャン
1899

白、黒、あるいは...
1901   90 x 30 cm

見捨てられた町  
1904、76x69cm  ブリュッセル王立美術館

シガレット
1912


ポスターはこちら


後期印象派へ戻る

*ホームページ | *西洋絵画史 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学