ワシリー・カンディンスキー
ポスターはこちら
Wassily Kandinsky (1866−1944)
ロシア

モスクワ生まれ。モスクワ大学で法律、政治経済を学んだ。フランス印象派展で見た、モネの『積藁』が忘れられず、30歳のときにミュンヘンに行き、画家を目指した。「青騎士派」を組織し、「抽象表現主義」の創始者として活躍した。モスクワ大学の教授となる。
ロシア革命が起こり、社会的リアリズムが強制されるようになる。カンディンスキーは、1921年、ドイツに戻り、バウハウスで教え、1934年、パリに移住した。
絵画だけでなく、抽象絵画の方法を音楽のアナロジーで説明する論文でも影響力を発揮した。

残念ながら、著作権の関係上、画像を載せられません。下のバナーはそれぞれ、画像が見られるサイトにリンクしてあります。そこから、御覧下さい。

ここに載せている画像はすべて、Arts at Dorian が提携しているポスター・アートグッズ会社のものです。

1900〜1908年  ヨーロッパ各地を回りながら風景画を中心に制作
カンディンスキー 「 古都U (タウバー川を下に見るローテンプルク)」 古都U (タウバー川を下に見るローテンプルク


1902. Oil on canvas. 52 x 78.5 cm

国立近代美術館  ポンピドゥーセンター、パリ
カンディンスキー 「 青騎士 」 青騎士

1903. Oil on canvas. 55 x 65 cm
チューリッヒ、個人蔵
カンディンスキー 「オランダ  ビーチ・チェア」 オランダ  ビーチ・チェア

1904. 24 x 32.6 cm

ミュンヘン市立美術館(レンバハハウス)
カンディンスキー 「 ガブリエーレ・ミュンターの肖像 」 ガブリエーレ・ミュンターの肖像

1905
45x45 cm
ミュンヘン市立美術館(レンバハハウス)
カンディンスキー 「馬上のカップル」 馬上のカップル

1906.
55 x 50.5 cm

ミュンヘン市立美術館(レンバハハウス)
カンディンスキー 「ボルガの歌」 ボルガの歌

1906
49 x 66 cm

国立近代美術館  ポンピドゥーセンター、パリ
カンディンスキー 「色とりどりの人生」 色とりどりの人生

190
130 x 162.5 cm
ミュンヘン市立美術館(レンバハハウス)
1908年〜1910年  
ムルナウの風景画を制作。
「インプロヴィゼーション」と「コンポジション」のシリーズ作品に着手した時期
カンディンスキー 「ミュンヘン  ウルスラ聖堂の見えるシュヴァービング」 ミュンヘン  ウルスラ聖堂の見えるシュヴァービング


1908
68.8 x 49 cm

ミュンヘン市立美術館(レンバハハウス)
カンディンスキー 「青い山」 青い山

1908/09
106 x 96.6 cm

グッゲンハイム美術館 ニューヨーク
カンディンスキー 「ムルナウ  鉄道と城」 ムルナウ  鉄道と城


1909
36 x 49 cm

ミュンヘン市立美術館(レンバハハウス)
カンディンスキー 「 インプロヴィゼーション6 (アフリカン) 」 インプロヴィゼーション6 (アフリカン)


1909
07 x 99.5 cm

ミュンヘン市立美術館(レンバハハウス)
カンディンスキー 「インプロヴィゼーショ 7」 インプロヴィゼーショ 7 

1910
131x97cm

モスクワ、トレチャコフ美術館
カンディンスキー 「コンポジションU」 コンポジションU

1910
200x275cm

カンディンスキー「インプロヴィゼーション11」 インプロヴィゼーション11
 1910
97.5x106.5cm


ロシア美術館、サンクト・ペテルブルク
カンディンスキー 「コンポジション W」 コンポジション W

1911
159.5x250cm

デュッセルドルフ、 ノルトライン=ヴェストファーレン美術館
カンディンスキー 「 コンポジションX 」 コンポジションX

 この絵がミュンヘン新芸術家協会で拒絶された。この後、同協会を脱退。 青騎士の第一回展に出品。

1911
190x275cm

スイス 個人蔵
カンディンスキー 「インプレッションV(コンサート)」 インプレッションV(コンサート)


1911
77.5x100cm

ミュンヘン市立美術館(レンバハハウス)
1911年〜1914年  青騎士の時代  マルクとともに青騎士を結成 年間誌「青騎士(ブラウエ・ライター)」を発行。
「インプロヴィゼーション」「コンポジション」シリーズを次々と発表していた。
具象から抽象、非対称へと変化していく時期

シリーズ作品
「インプレッション」 1911年に6点制作 風景を色彩的にとらえたシリーズ
「インプロヴィゼーション」 無意識の表現として多数描かれた
「コンポジション」 カンディンスキー自らが最も重要とした作品群。 自己の内面を作品に表現するために時間をかけて吟味し、練り上げた表現。
カンディンスキー 「黒い色班T」 黒い色班T

1912
100x130cm

サンクト・ペテルブルク、ロシア美術館
カンディンスキー 「小さな喜び」 小さな喜び

1913
140.3x200.3cm


グッゲンハイム美術館 、ニューヨーク
カンディンスキー 「インプロヴィゼーション 洪水」 インプロヴィゼーション 洪水

1913
95x150cm

ミュンヘン市立美術館(レンバハハウス)
カンディンスキー 「コンポジション Y 」 コンポジション Y 

1913
195x300cm

サンクト・ペテルブルク、エルミタージュ美術館
カンディンスキー 「コンポジション Z」 コンポジション Z

1913
200x300cm

モスクワ、トレチャコフ美術館
インプロヴィゼーション 渓谷


1914
110x110cm

ミュンヘン市立美術館(レンバハハウス)
1915年〜1921年   第一次大戦で、ロシアへ戻る
カンディンスキー 「モスクワT」 モスクワT

1916
51.5x49.5cm

モスクワ、トレチャコフ美術館
カンディンスキー 「灰色の中に」 灰色の中に

1919
80x93cm

パリ、ポンピドゥー・センター  国立近代美術館
1922年〜24年  バウハウスT  バウハウスの教授として、クレーとともに指導、講義。
作品は幾何学的になる
カンディンスキー「黒い円の中に」 黒い円の中に

1923
130x130cm


パリ、A・マーグ蔵
カンディンスキー 「コンポジション [ 」 コンポジション [  

1923
140x201cm

ニューヨーク、グッゲンハイム美術館
カンディンスキー 「白の上にU」 白の上にU


1923
105x98cm

パリ、ポンピドゥー・センター  国立近代美術館
カンディンスキー 「響き合い」 響き合い

1924
70x49.5cm

パリ、ポンピドゥー・センター  国立近代美術館
1925年〜1933年  バウハウスU  バウハウスがヴァイマルからデッサウに移転する。
  円を使用した作品が多くなる。
カンディンスキー 「黄・赤・青」 黄・赤・青

1925
127x200cm

パリ、ポンピドゥー・センター  国立近代美術館
カンディンスキー 「青の中に」 青の中に

1925
80 x 110 cm

パリ、ポンピドゥー・センター  国立近代美術館
カンディンスキー 「いくつかの円」 いくつかの円

1926
140 x 140 cm

グッゲンハイム美術館、ニューヨーク
ピンクのアクセント

1926
100x80cm

パリ、ポンピドゥー・センター  国立近代美術館
1934年〜44年  パリ
  1933年、ベルリンのバウハウスが、ナチスによって閉鎖されたので、パリに移る。
カンディンスキー 「コンポジション\」 コンポジション\

1936
114x195cm

パリ、ポンピドゥー・センター  国立近代美術館
カンディンスキー 「優勢なカーブ」 優勢なカーブ

1936
129.3 x 194.3 cm



グッゲンハイム美術館、ニューヨーク
30 Trente

1937
81x100cm

パリ、ポンピドゥー・センター  国立近代美術館
カンディンスキー 「多彩色のアンサンブル」 多彩色のアンサンブル


1938
116 x 89 cm


パリ、ポンピドゥー・センター  国立近代美術館
カンディンスキー 「コンポジション]」 コンポジション]

1939
130x195cm

デュッセルドルフ、ノルトライン・ヴァストファーレン美術館
カンディンスキー 「空の青」 空の青


1940
100 x 73 cm


パリ、ポンピドゥー・センター  国立近代美術館

カンディンスキーの美術館リンク集
(各画家、アーティストの作品画像を見ることができる世界中の美術館リンク集)
エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク
ヴァルラフ=リヒャルツ美術館  ケルン  ドイツ
フォン・デア・ハイト美術館  ヴッパータール  ドイツ
ニューヨーク近代美術館 
グッゲンハイム美術館  ニューヨーク
ワシントン・ナショナル・ギャラリー
シカゴ美術研究所
ダラス美術館  テキスト
サンフランシスコ美術館
愛知県美術館
ミネアポリス美術館  ミネソタ
ペギー・グッゲンハイム・コレクション  ヴェネツィア  イタリア
テイト・ギャラリー  ロンドン



ポスターはこちら



20世紀絵画へ戻る

*ホームページ | *西洋絵画史 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学