ジャン オーギュスト ドミニク・アングル
Jean-Auguste Dominique Ingres   (1780-1867)
フランス  新古典主義
ダヴィッドがナポレオンとともに、失脚した後、フランス古典主義を受け継いだのは、アングルであった。

フランス南西部モントーバン生まれ。父親は画家、装飾彫刻家、音楽家。アングルのデッサンの才能を見つけ、トゥールーズの美術学校に入学させた。

1797年、パリに出て、ダヴィッドに学んだ。

1801年、ローマ賞を得たが、当時、ナポレオン戦争の最中で、イタリア留学は5年ほど延ばされた。

1806年、アングルはイタリアへ渡り、18年間、滞在した。公式の留学は2年であったが、肖像画を描いて、生活の糧とし、イタリアに留まっていた。

1824年、44歳で、初めて、フランスで成功した。

その後、美術アカデミーの会員となり、1829年には国立学校の教授となり、たちまち、フランス画壇の中心となった。

当時、ドラクロワを中心とする、ロマン派の運動が起っていた。新古典派陣営としては、アングルの才能を必要としたのであった。

アングル自身は、ロマン派的な資質も持っていた。

多くの要職に任ぜられ、多くの弟子に囲まれ、1867年、パリで亡くなった。

男のトルソ
1800  oil on canvas  エコール・デ・ボザール
国立美術学校で描いた作品。 トルゾ賞コンクールで一等賞を取った。

アガメムノンの使者たちを迎えるアキレウス

1801, oil on canvas, パリ、国立美術学校
この作品で、アングルはローマ賞を得た。

第1執政官ナポレオン・ボナパルト
1804  oil on canvas  リエージュ美術館

玉座のナポレオン
1806  アンヴァリッド美術館
イタリア留学を待つ間に描かれた。

ヴァルパンソンの浴女
1808  Oil on canvas  ルーヴル美術館  パリ

オイディプスとスフィンクス      主題解説:ギリシャ神話へ行く
1808   Oil on canvas  パリ、ルーブル美術館

ジュピターとテティス 

1811 327 x 260 cm  エクス=アン=プロヴァンス、グラネ美術館

オシアンの夢

1813 Oil on canvas フランス、モントレーバン、アングル美術館

ラファエルとフォルナリーナ

1814  66.3 x 55.6 cm  フォッグ美術館
イタリア留学中に、パリのサロンに送った作品。成功とは言いがたかった。

システィナ礼拝堂のピウス7世

1814  74.5 x 92.7 cm   ワシントン・ナショナル・ギャラリー

グランド・オダリスク

1814  Oil on canvas  パリ ルーブル

レオナルド・ダ・ヴィンチの死

1818  40 x 50.5 cm  プティ・パレ美術館  パリ

パオロとフランチェスカ

1819  Oil on canvas  アンジェ美術館  フランス
ダンテ『神曲』地獄篇より


フランチェスカは、リミニの城主で不具のジャンチョット・マラテスタに嫁いだ。

しかしフラチェスカは義弟パオロと一緒に本を読んでいた時、恋に落ちてしまった。

フランチェスカの夫ジャンチョットはある日2人を不意打ちし、殺した。

アンジェリカを救うルッジェーロ

1819  Oil on canvas   パリ、ルーブル
アンジェリカ:イタリアの詩人アリオストの『狂乱のオルランド』に登場するキタイ(中国)の王の娘。

『アンジェリカを救うルッジェーロ』はペルセウスとアンドロメダの物語に酷似している主題。

アンジェリカは海岸の岩に鎖で繋がれ、海の怪物オルカに襲われるところ。

異教の英雄ルッジエーロがやって来る。彼の乗っているのはピッポグリフ。翼があり鷲の頭と爪を持ち、他の部分は馬に似ている。

英雄ルッジエーロは魔法の楯を持っていて、怪物の目をくらました。その間にアンジェリカに魔法の指輪をはめさせる。さらにアンジェリカの鎖を解き、一緒にヒッポグリフに乗って飛び去る。

アンジェリカ

1819   Oil on canvas   85 x 43 cm   ルーヴル美術館

聖ペテロへの天国の鍵の授与

1820頃  280x217cm   モントーバン、アングル美術館

ルイ13世の誓願

1824  カンヴァス 油彩 421x262cm モントーバン ノートル=ダーム聖堂

ホメロス礼賛

1827 386 x 515 cm      Oil on canvas   ルーブル
ホメロス: 『イリアス』と『オデュッセイア』を書いたギリシャの盲目の詩人。

古代では、ホメロスが盲目になったのは、トロイアのヘレネを中傷した罰だと信じられていた。

ギリシャでは竪琴の調べで、詩の朗誦が行われた。その暗示で竪琴を持つ人がいる。


聖サンフォリアンの殉教

1834   407 x 339 cm  サン=ラザール大聖堂 、オータン フランス

奴隷のいるオダリスク

1839 Oil on canvas  フォッグ美術館  ケンブリッジ  マサチューセッツ

アンティオコスとストラトニケ

1840    Oil on canvas    フランス、シャンティイ、コンデ美術館
プルタルコス「英雄伝」より

アレクサンドロス大王の死後、アジア諸地方を支配した王国王セレウコスの息子が、アンティオコス。

アンティオコスは自分の継母ストラトニケに恋をしてしまい、食事を取らず餓死しようとした。

宮廷医エラシストラトスは、アンティオコスの病の性格を理解した。そして病室への女性たちの訪問者を観察した。誰に原因があるのか突き止めるためである。

そしてほどなく、アンティオコスの病の原因が継母ストラトニケにあると分かる。

宮廷医エラシストラトスはセレウコス王に、息子の病の原因を報告した。

セレウコス王は涙ながらに退位し、王国と王の妻をも息子に譲り渡した。

豪華な衣装で、悲しげな顔のストラトニケ。ベッドには恋の病に伏すアンティオコスが寝ている。

原因を突き止めて驚く宮廷医エラシストラトス。涙にくれるセレウコス王がいる。

ドーソンヴィル伯爵夫人

1845  Oil on canvas  フリック・コレクション  ニューヨーク
   

ヴィーナスの誕生

1848    Oil on canvas    フランス、シャンティ、コンデ美術館

ジェイムス・ロスチャイルド男爵婦人

1848   Oil on canvas   141.9 x 101 cm   個人蔵

シャルル7世の戴冠式のジャンヌ・ダルク

1851-54    240 x 178 cm   ルーヴル美術館

パーフォスのヴィーナス

1853-53    Musee d'Orsay at Paris  パリ、オルセー美術館

聖餅の聖母

1854  オルセー美術館

座るイネス・モワテシエ婦人

1856  Oil on canvas  ロンドン・ナショナル・ギャラリー

泉 

1856   Oil on canvas  163 x 80 cm  オルセー美術館  パリ

Virgin of the Adoption

1858  Oil on canvas  69.5 x 56.8 cm  個人蔵

トルコ風呂

1862   直径108 cm    ルーヴル美術館

アングルの美術館リンク集
(各画家、アーティストの作品画像を見ることができる世界中の美術館リンク集)
アングル美術館  モントーバン  フランス
ルーブル美術館  パリ
ルーブル美術館  パリ
ルーブル美術館  パリ
ルーブル美術館  パリ
ルーブル美術館  パリ
ルーブル美術館  パリ
ルーブル美術館  パリ
ルーブル美術館  パリ
ルーブル美術館  パリ
ルーブル美術館  パリ
ルーブル美術館  パリ
オルセー美術館  パリ
Reunion des Musees Nationaux  フランス
オーギュスタン美術館  トゥールーズ  フランス
オーギュスタン美術館  トゥールーズ  フランス
ブリュッセル王立美術館  ベルギー
エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク  ロシア
サンフランシスコ美術館
メトロポリタン美術館  ニューヨーク
メトロポリタン美術館  ニューヨーク
メトロポリタン美術館  ニューヨーク
ワシントン・ナショナル・ギャラリー  ワシントンD.C.
ロンドン・ナショナル・ギャラリー 
フリック・コレクション  ニューヨーク
フィラデルフィア美術館



ポスターはこちら



新古典主義に戻る

*ホームページ | *西洋絵画史 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学