マネとドガ、その影響

クールベの写実主義の影響は多大であった。クールベは画家が実際に見たものを描くことを教えた。
マネはアカデミーに反発を感じていた。マネの絵画はアカデミーの人間から見たら、仕上げをしていない中途半端な絵に見えた。大胆な色で荒く仕上げ、実際に見える太陽の光を再現した。
デガは写真と日本の版画の素朴さ、単純さに影響を受け、デッサン画で新たな構成を作りだした。
ナポレオン3世が1851年に皇帝になった。パリを、新たなヨーロッパの中心とすべく、建築ラッシュであった。道幅を広げるため、35万人以上の人々が移転を余儀なくされた。

道幅が広くなったパリの大通には売春婦が増え、多くの社会問題を引き起こしていた。

1863年に「落選展」が行われた。これも、ナポレオン3世の命であった。この年、4000点以上の絵画がアカデミィのサロンで却下された。この却下された絵画たちは、幸運にも展示する場所を得たのが「落選展」であった。マネセザンヌホィッスラーなどの作品が展示されたのである。

落選展は批評の上では、称賛されることはなかった。しかし、この後、官展のサロンだけではなく、画家独自のサロン開催への勇気と足がかりを与え、画商の影響力が強くなっていった。こうした意味において、落選展の意義は大きかったのである。

エドゥアール・マネ Edouard Manet Edouard Manet (1832−83)
モリゾ Berthe Morisot ( 1841-95)
メアリー・カサット Mary Cassatt ( 1845-1926)
エドガー・ドガ  Edhar Degas(1834−1917)

印象派へ戻る
*ホームページ | *西洋絵画史 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学