1874-1886

『19世紀における「写実主義」にたいする嫌悪はキャリバンが鏡に映る自分の顔を見ての怒りにほかならない。 19世紀における「ロマン主義」にたいする嫌悪は鏡に自分の顔が映っていないとするキャリバンの怒りである』 

オスカー・ワイルド 『ドリアン・グレイの肖像画』より
(キャリバン・・・シェイクスピアの劇 『あらし』に出てくる醜怪な半人半獣の動物。)

ヨーロッパに革命の嵐が吹きあれていた19世紀中頃、絵画の世界でも、これまでのアカデミックな様式に対抗していこうとする動きがあった。

アカデミィの理想化され、固定化した描写に対して、写実主義は「現実」を映しだし、絵画の世界にショックを与えた。この運動は「リアリズム」と呼ばれ、次の世代へと発展していく。

技術の発達により、チューブ入りの絵の具が発明され、画家たちは野外へと飛び出した。光の瞬間の効果を捕らえようとした。彼らは印象派と呼ばれた。その最も典型的な画家はモネとルノワールである。

どれも既成のアカデミックな絵画の世界への反逆であった。


フランス写実主義
コロー Corot ( Jean-Bapriste-Camille, 1796-1875)
オノレ・ドーミエ Honore Daumier (1808-1879)
ミレー Jean-Francois Millet (1814-1875)
ギュスターヴ・クールベ Gustave Courbet ( 1819-98)
ファンタン=ラトゥール  Henri Fantin-Latour ( 1836-1904)

マネとドガ、その影響 
エドゥアール・マネ Edouard Manet Edouard Manet (1832−83)
モリゾ Berthe Morisot ( 1841-95) [ 女性画家]
メアリー・カサット Mary Cassatt ( 1845-1926)[ 女性画家]
エドガー・ドガ  Edgar Degas(1834−1917)

印象派 
クロード・モネ  Claude Monet(1840−1926)
ルノアール  Pierre-Auguste Renoir(1841−1919)
カミーユ・ピサロ Camille Pissarro ( 1830-1903)
アルフレッド・シスレー Alfred Sisley (  1839-99)
オーギュスト・ロダン(1840−1717)

アメリカ人 
ジェームズ・ホィッスラー  James Whistler ( 1834-1903)
ウィンスロー・ホーマー Winslow Homer ( 1834-1910)
トマス・エイキンズ Thomas Eakins ( 1844-1916)
サージェント Johm Singer Sargent ( 1856-1925)

アール・ヌーヴォー/ アール・デコ

*ホームページ | *西洋絵画史 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学