印象派
印象派

1870年から1871年にかけてのプロイセン・フランス戦争(普仏戦争)での敗北、続くパリコミューンの混乱は、画家たちにさまざまな体験を強いた。モネとピサロはロンドンへ渡ったが、バジールは戦死、ルノワールは騎兵隊に、ドガは砲兵隊、マネは国防参謀本部へ、などである。
印象派は公式には1874年に生まれた。この年、写真家ナダールのアトリエ2階で展示会が行われ、モネの出品作 『印象、日の出』 が批評家から批判の的となる。荒削りで即効で描いたような絵は当時、未完成だという印象を与えた。「印象派」という言葉はこのモネの作品からとられた。
しかしこの展覧会に出品された絵はすべて、個人主義的で、思想も態度も個性的であったが、自然主義を達成したいという願望では一致していた。この展覧会からモネ、ルノワール、シスレーなど続々と印象派画家が生まれた。

クロード・モネ  Claude Monet (1840−1926)
オーギュスト・ルノアール Pierre-Auguste Renoir (1841−1919)
カミーユ・ピサロ Camille Pissarro  ( 1830-1903)
アルフレッド・シスレー Alfred Sisley  ( 1839-99)
オーギュスト・ロダン (1840−1717)

印象派へ戻る

*ホームページ | *西洋絵画史 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学