印象派
アメリカ人
ホイッスラー、トマス・エイキンズ、ウィンスロー・ホーマーなどのアメリカの画家たちは絵の勉強のためにヨーロッパへ渡るようになる。彼らは写実主義と印象主義をうまく取り入れながら、自分たちの絵を完成させていった。
印象主義は世界中に広がって行く。遠く離れた日本やオーストラリアでも画家たちは野外に出始めた。日本では1867年には大政奉還を迎え、翌年から明治時代が始まる。

ジェームズ・ホィッスラー  James Whistler ( 1834-1903)
ウィンスロー・ホーマー Winslow Homer ( 1834-1910)
トマス・エイキンス Thomas Eakins ( 1844-1916)
サージェント Johm Singer Sargent  ( 1856-1925)

印象派へ戻る
*ホームページ | *西洋絵画史 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学