エドワード・ホッパー
ポスターはこちら
Edward Hopper ( 1882-1967)
アメリカ
都会や風景の中に、不安さを描きだした。
都会の空虚、孤独、倦怠を、独特の寂しい景色として視覚的なかたちを与えた。。
この感覚は、1929年から33年代の大恐慌に由来する。
幻滅の嵐である。
男女の姿を描いても、そこにコミュニケーションはなく、お互いが孤立しているような姿である。
大恐慌
1929年10月24日木曜日 ウォール街の大暴落である。
4人に一人が失業。世界の貿易総額が半分以下になった。
ルーズペルト大統領のニューディール政策で、景気復興を測った。
しかし、結局は、第二次世界大戦の軍需景気によって、景気回復した。
当時のヘラルド新聞記事はこちらからご購入できます。

残念ながら、著作権の関係上、画像を載せられません。画像が見られる美術館のサイトにリンクしてあります。そこから、御覧下さい。
 このマークをクリックしてください
1908   不定期貨物船 ハーシュホーン美術館・彫刻庭園  ワシントンD.C.
1908   鉄道列車 アディソン・ギャラリー・オブ・アメリカン・アート
1911   セーリング カーネギー美術館  
1923   グローセスターの邸宅 シカゴ美術研究所
1924   Haskell's House ワシントン・ナショナル・ギャラリー
1925   線路の傍らの家 ニューヨーク近代美術館MoMA
1925   本を読むモデル シカゴ美術研究所
1925   聖フランシス教会の塔、サンタフェ フィリップス・コレクション  
1926   日曜日 フィリップス・コレクション  
1926   午前11時 ハーシュホーン美術館・彫刻庭園  ワシントンD.C.
1926   屋根、ワシントン・スクエアー カーネギー美術館  
1927   岩の土台 カーネギー美術館  
1927   灯台の丘 ダラス美術館 テキサス
1928   貨物車 グロセスター アディソン・ギャラリー・オブ・アメリカン・アート
1928   マンハッタンのループ橋 アディソン・ギャラリー・オブ・アメリカン・アート
1928   ナイト・ウィンドウ ニューヨーク近代美術館MoMA
1929   ツー・ライツの灯台 メトロポリタン美術館
1929   線路の日没 ホイットニー美術館 ニューヨーク
1930   日曜の早朝 ホイットニー美術館 ニューヨーク
1931   ニューヨーク、ニューヘヴン、ハートフォード インディアナポリス美術館  インディアナ
1932   ローカスト・ツリーズ アディソン・ギャラリー・オブ・アメリカン・アート
1936   ケープ・コッド・アフタヌーン カーネギー美術館  
1939   ケイプコット・イヴニング ワシントン・ナショナル・ギャラリー
1939   ニューヨーク・ムーヴィー ニューヨーク近代美術館MoMA
1940   ガソリン・スタンド ニューヨーク近代美術館MoMA
1942   ナイトホークス シカゴ美術研究所
1943   ホテルのロビー インディアナポリス美術館  インディアナ
1943   モンテレイ大聖堂 メキシコ フィラデルフィア美術館
1943   サルティヨの屋根の上 、メキシコ カーネギー美術館  
1946   アプローチング・ア・シティ フィリップス・コレクション  
1947   ペンシルヴェニアの炭鉱町 バトラー美術研究所 オハイオ
1949   午前7時 ホイットニー美術館 ニューヨーク
1951   一階席の一列目 ハーシュホーン美術館・彫刻庭園  ワシントンD.C.
1951   ルームズ・バイ・ザ・シー エール大学付属美術館 、ニューヘヴン、コネチカット
1952   鉄道の傍の家 ハーシュホーン美術館・彫刻庭園  ワシントンD.C.
1954   シティ・サンライト ハーシュホーン美術館・彫刻庭園  ワシントンD.C.
1957   ウェスターン・モデル エール大学付属美術館 、ニューヘヴン、コネチカット
1958   カフェテリアの陽光 エール大学付属美術館 、ニューヘヴン、コネチカット
1960   2階の陽光 ホイットニー美術館 ニューヨーク
美術館リンク (作品の画像を見ることができます)
ボストン美術館
ボストン美術館
スミソニアン・アメリカ美術館  ワシントンD.C.
カーネギー美術館  ピッツバーグ、ペンシルベニア
シェルドン・メモリアル美術館  リンカーン、ネブラスカ



ホッパーのポスターはこちら



和書
洋書

20世紀絵画へ戻る

ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話  | 文学