フェルデナント・ホドラー
(1853-1918)   スイス  象徴主義、世紀末芸術
スイスのベルンに、貧しい大工の家に生まれた。7歳で父を亡くし、13歳で母を亡くした。彼以外の5人の兄弟姉妹もみんな結核で早死している。
幼くして両親を相次いで亡くし、15歳のときに観光客用に風景画を描くゾマーのもとに徒弟奉公に出された。

4年後、19歳のときに無一文でジュネーヴに出る。パルテルミー・メンに見出され、そこで学ぶことができた。

1891年に「夜」を発表するまで、食べるために働かなくてはならなかった。
「夜」は、ジュネーヴ市当局によって、「涼風美俗を錯乱する」として公開を禁止された。
その後、パリで発表された。パリでは熱烈な歓迎を受けた。

1900年、パリの万国博覧展で金賞を受ける。

1901年には、パリで薔薇十字会や象徴主義と接触。エジプトなどの芸術からも刺激を受けた。

1904年、クリムトがリーダーであるウィーン分離派の中心的な存在となる。
1905年には、ベルリンの分離派展で、クリムトと並んで、特別室が設けられた。


写実からアール・ヌーボー的になり、死や夜をテーマにした世紀末的な象徴主義のスタイルを確立していく。20世紀ドイツの表現主義に大きな影響を与える。

宿
1879  38 x 46 cm  バーゼル美術館

1890  116 x 300 cm  ベルン美術館

生に疲れる人々
1892   149,7 x 294,0 cm   ノイエピナコテーク  ミュンヘン

選ばれし者
1893-94 219 x 296 cm    ベルン美術館

1897

1900  160 x 340 cm  ベルン美術館

エモーション
1901-02  スイス

ニーゼン山
1910  83 x 105.5 cm

後期印象派へ戻る

*ホームページ | *西洋絵画 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学