ウィレム・クラース・ヘダ
Willem Claesz Heda ( 1597-1680)
オランダ

1620年代後半から40年代に流行した「モノクローム・バンケッチェ(モノクローム風の晩餐図)」を代表する画家。
灰緑色の色調で、精巧に仕上げられており、金銀食器の表面の反映像まで描かれている。

オランダの静物画は、グラス、銀の皿、ぜいたいくな食事の残り、などが描かれる。
これは、虚栄や人生のはかなさを伝えている。

キイチゴパイのある食卓
1631  Oil on wood  54 x 82 cm   ドレスデン美術館

静物
1634 Oil on panel  44 x 62 cm  アムステルダム国立美術館

金箔のゴブレットのある静物
1635  Oil on panel  88 x 113 cm  アムステルダム国立美術館

カニのある朝食
1648  Oil on canvas  118 x 118 cm  エルミタージュ美術館  サンクト・ペテルブルク  ロシア

バロックへ戻る

*ホームページ | *西洋絵画 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学