フランチェスコ・アイエツ       ポスターはこちら
Francesco Hayez (1791-1882)
イタリア  ロマン主義
イタリアの歴史画画家。ヴェニスに生まれた。

Rinaldo and Armida
1812-13  アカデミア美術館  ヴェネツィア イタリア

The Refugees of Parga
1831 201 x 290 cm  ブレシア市立美術館  イタリア

ルツ    
1835  ボローニャ コレクション
[ルツの物語]

士師の時代。ベツレヘムで飢饉があった。エリクメルと妻ナオミは、ヨルダン川の東、モアブの野に逃れた。

息子がモアブの女を嫁にした。ルツである。

しかし、エリクメルも息子も死んでしまい、嫁のルツと姑のナオミが残った。ナオミは国に帰ろうとしたとき、ルツを実家に返そうと思ったが、ルツはナオミに着いて行った。

ベツレヘムへ帰ったのは大麦の刈入れの時期であった。

イスラエルの律法には、「落穂は貧しい人のために残しておき、畑主が拾い集めてはいけない」とある。

ルツはボアズの畑に行き、落穂を拾わせてもらい、姑ナオミの面倒を見た。

畑主のボアズは、ルツのそうした姿を見て心を打たれ、ルツと結婚した。

ルツとボアズの子がオベドといい、その子がエッサイで、エッサイの子がダビデである。

エルサレムの近くで飢え渇く十字軍
1836-50  パラッツォ・レアル  トリノ イタリア

聖書を持って瞑想する女性
1850  90 x 70 cm

接吻 
1859  ブレラ絵画館  ミラノ イタリア

ブレラ絵画館  ミラノ イタリア

世界の美術館リンク集
(各画家、アーティストの作品画像を見ることができる世界中の美術館リンク集)
アンブロジアーナ美術館   (Hayezの文字をクリック)  ミラノ イタリア
ナショナル・ギャラリー  ロンドン イギリス
国立近代美術館 ローマ、イタリア
GAM - Galleria Civica d'Arte Moderna e Contemporanea  トリノ イタリア
Musei Civici d'Arte Antica   (18番をクリック)  ボローニャ  イタリア
市立コッレール美術館  ヴェネツィア イタリア
Museo Diocesano di Milan(最下方の右側)  ミラノ  イタリア

*ホームページ | *西洋絵画 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学