アート at ドリアン   絵画の主題      ギリシャ神話解説
ディオニュソス  セメレ  シレノス  バッコスの巫女
ディオニュソス(バッコス)
ぶどうの神、祝祭の主、エクスタシーを与える本尊である。

ディオニュソスは人間を愛し、彼の祭りは格別に楽しかったので、他の神々もそのお祭り騒ぎに加わったほどである。

ぶどうとつた、バラがディオニュソスの聖なる植物である。ひょう、山羊、いるかが聖獣である。

ときにリュシオス(ゆるめるもの)と呼ばれた。彼のぶどう酒が、人間たちを日々のかせから開放するからである。

ミケランジェロ
1497
Marble, height: 203 cm
Museo Nazionale del Bargello, Florence


カラヴッジョ

c. 1597
Oil on canvas
37 3/8 x 33 1/2 in.
Uffizi, Florence


レニ 
c. 1623
Oil on canvas, 72 x 56 cm
Gemaldegalerie, Dresden


ニコラ・プッサン
1625
Oil on canvas
Alte Pinakothek, Munich

ヴェラスケス 
1628-29,Museo del Prado, Madrid

ソロモン


1867
Location: Birmingham Museums and Art Gallery, Birmingham, England


アルマ・タデマ 
バッカスへの貢物   1889

シュトゥック

1901, oil on wood, private collection


ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話   文学