アート at ドリアン   絵画の主題      ギリシャ神話解説
オリーブの木
ポセイドンの野望は、地上の王国を持つことであった。

ある日、ポセイドンはアテナイ市の城丘(アクロポリス)に、三叉の戟(ほこ)を投げ込んだ。戟のささった場所から、海水が吹き出した。

ポセイドンは、この地方を占領したと宣言し、馬を贈り物として与えた。

しかし、アテナはこの海水が吹き出した泉のほとりにオリーブを植えた。

ポセイドンとアテナはこの都市の所有権を争うことになった。

ゼウスが神々の法廷で決着をつけるよう仲裁した。

裁判は、わずか一票差で、アテナが勝った。アテナはオリーブという、人間に必要な、平和な贈り物によって貢献したから、というのが理由であった。

以後、その町はアテナイと名づけられた。

ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話   文学