アート at ドリアン   絵画の主題      ギリシャ神話解説
セイレーン
半身女性で、半身が鳥(のちに魚)の三人の姉妹。鳥の翼を持ち、美しい歌声で船乗りたちを魅了する。

この歌声を聞いた船乗りは、岩に船を衝突させてしまう。

オデュセウスはこのことを、魔女キルケから警告されていた。

オデュセウスはともの水夫たちの耳に蝋を詰めて、歌声が聞こえないようにした。そして、自らは、身体をマストに縛り付けた。

オデュッセウスはセイレンたちの美しい姿と歌声が聞こえるとたまらなくなり、マストを引き抜き海に飛び込んでしまいそうになった。幸い仲間が彼を押さえつけてくれたので、無事、その海域を通過することができた。


ちなみに、セイレーンは「サイレン」の語源となっている。

レイトン  「漁師とセイレーン」
1856-58  oil on canvas,   City os Bristol Art Gallery, Bristol, England

ロセッティ

バーン=ジョーンズ

バーン=ジョーンズ
深海

1887   Watercolour   Fogg Art Museum, Cambridge, MA, USA

ベックリン
海の静けさ
1887   Kunstmuseum Bern

ウォーターハウス
ユリシーズとセイレン
1891  National Gallery of Victoria , Melbourne

モロー
詩人とセイレーン
1894

アーマンド・ポイント

ウォーターハウス

ドレイパー
ユリシーズとセイレーン
1909  Hull city museums and art Galleries, Hull, England

ルイ=モーリス・ブーテ・ド・モンヴェル

ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話   文学