アート at ドリアン   絵画の主題      ギリシャ神話解説
ベレロポンとペガソス
ベレロポンは若いコリントス人である。

一説によるとベレロポンは、誤って兄弟を殺してしまった。それでコリントスから追放された。アルゴスへ行き、王プロイトスに罪を清めてもらった。

しかし、王妃ステネボイアが、ベレロポンに恋をし、言い寄った。しかし、ベレロポンは拒絶した。王妃は、拒絶されたことを根に持ち、王プロイトスに、彼女が犯されそうになったと、嘘をついた。

王プロイトスは、客人であるベレロポンを、直接殺すことは気が進まなかった。そこで、ベレロポンに、王の手紙を託し、リュキア国に行かせた。

リュキア王に迎えられたベレロポンは、頼まれた手紙をリュキアの王に渡した。

そこには、この手紙を持ってきた若者を殺すように、と書かれていた。

ちょうど、そのころ、リュキアでは、キマイラという怪獣が国中を荒らしまわっていた。

そこで、リュキアの王は、ベレロポンに、キマイラを退治するよう命じた。

キマイラという怪獣は、半身が牡羊、半身は竜。皮の翼を持ち、火炎を吐いた。

ベレロポンは術策の女神アテナに祈った。

アテナはベレロポンの謙虚な態度を気に入り、助けることにした。

天馬ペガサスを捕らえるように、と教えたのである。

ペレロポンが目を覚ますと、ベッドの上に金の手綱があった。ベレロポンは喜んで、天馬ペガサスを探しに出かけた。

ヘリコンの山に、黄金の翼と真鍮のひづめ、輝く金のたてがみの、美しい馬を見つけた。ペガソスは、ベレロポンを見ると、翼を広げ、飛び去ろうとした。

ベレロポンがアテナの手綱を、天馬の頭上に投げると、馬はおとなしくなった。

ベレロポンは天馬ペガソスに乗り、怪獣キマイラを退治しに行った。アテナを見方につけているベレロポンは、入念に戦いの計画を立てた。奇襲攻撃により、キマイラを退治したのである。

その後、王はベレロポンを気に入り、娘ピロノエと結婚させた。ベレロポンは多くの戦いに、天馬ペガソスで乗り付け、いつも勝利を得た。

ベレロポンの名声は上がるばかりである。それと同時に、謙虚さを無くしていったベレロポンは、うぬぼれて、ペガソスに乗って、オリュンポスへ行き、神々にまで、自分の手柄を自慢しようとした。

しかし、ゼウスは、一匹の虻を送った。虻はペガソスを刺し、ベレロポンは振り落とされた。

地上に落ちたベレロポンは、命は取り留めたが、足を悪くし、以後、生涯、足を引きずりながら乞食をして歩かねばならなくなった。

一方、ペガソスはミューズたちに気に入られ、ゼウスが、彼女たちにペガソスを譲った。時折、彼女らは、若い芸術家に、このペガソスを貸し与えることがあった。しかし、乗り手が、おごり高ぶるとすぐに、振り落すのであった。

ルドン
ペガサス
1900, pastel , Hirosima Museum of Art, Hirosima, Japan

エーフェルディンヘン
4人のミューズとペガソス
c. 1650  Oil on canvas   Huis ten Bosch, The Hague

ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話   文学