アート at ドリアン   絵画の主題      ギリシャ神話解説
ミューズ (ムーサ)
芸術家に霊感(インスピレーション)を与える女神たち。
さまざまな芸術をつかさどる九人の女神たち。それぞれがつかさどるのは、次の通りである。
カリオペ(叙事詩)、クレイオ(歴史)、メルポネペ(悲劇)、エウテルペ(抒情詩)、エラト(恋愛詩)、テルプシコラ(舞踏)、ウラニア(天文、占星)、タレイア(喜劇)、ポリュヒュムニア(音楽と幾何学)。
絵画では、詩人などが、霊感を得るときに、ミューズの力を借りている姿が描かれたりする。

Alphonse Osbert

シュワーベ
1902

アマン=ジーン
ミューズの歌を聴くヘシオド

モロー
ヘシオドとミューズ   1891

Henri Martin

ル・シュウール
1652-55

ル・シュウール
1652-55

フィリピーノ・リッピ
1505-10

ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話   文学