アート at ドリアン   絵画の主題      ギリシャ神話解説
ヘロとレアンドロス

愛の女神アフロディテの女神官ヘロは、風の激しい島セストスに住んでいた。一方、ヘロの恋人であるレアンドロスは、ヘレスポントス(ダーダネルス海峡)をはさんだアビュドスという島に住んでいた。この島も、風が激しく吹く島であった。

女神官は結婚が許されていなかったので、二人の恋は、秘密であった。

レアンドロスは毎夜、ヘロに会うために、泳いで海峡を渡った。ヘロは毎晩、塔に灯をかかげ、レアンドロスは、その灯りを頼りに泳いだのであった。

ある晩、ヘロの掲げる灯りを風が消してしまった。レアンドロスは闇の中で、目標を失い、溺れて死んでしまった。

ヘロは絶望のあまり、塔から海に身を投げるのであった。


イギリスの詩人バイロン卿が、この話は作り話ではないことを証明するために、自ら、ヘレスポントス海峡を泳いで渡った。


Domenico Feti  (イタリア 1589-1625)
1622-23, panel, Art History Museum, Vienna

ターナー
National Gallery at London

Ferdinand Keller  (ドイツ, 1842-1922)

イーヴリン・デ・モーガン  (イギリス, 1850-1919)

ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話   文学