アート at ドリアン   絵画の主題      ギリシャ神話解説
運命の女神・モイラ
三人の運命の女神・モイラたちは、人間の運命を決定する。

三人はエレボス(暗黒)とニュクス(夜)の間に生まれた。クロト(つむぎ手)、ラケシス(配り手)、アトロポス(切り手)が、彼女たちの名前である。

つむぎ手は生命の糸をつむぐ。配り手は、生命の糸の長さを計る。切り手が、その糸を切るのである。

ゼウスが運命の執行人なら、モイラたちは、運命の決定者なのである。

ヴェッダー

ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話   文学