アート at ドリアン   絵画の主題      ギリシャ神話解説
創造 ガイアとウラノス  時の翁 クロノス   ティタン戦争 ゼウスの勝利
ティタン戦争
ゼウスは、父親のクロノスに飲み込まれないように、洞窟でひっそりと育てられた。

牝山羊のアマルテイアが乳母であった。後にゼウスはアマルテイアを山羊座にして、たたえた。

ゼウスは成長すると、最初の妻メティス(思慮)に教えられた通り、カラシと塩を入れた蜂蜜を父クロノスに飲ませた。

すると、クロノスに呑み込まれていた五人の兄姉が飛び出してきた。その中には、ポセイドン、ハリスがいた。

ゼウス兄弟は、父クロノス兄弟たちとその子供、巨神族(ティタン)たちと十年もの間、戦った。ティタン戦争である。

祖母になる大地ガイアは、ゼウスに言った。
「地獄タルタロスに閉じ込められている三人の百腕巨人(ヘカトンケイル)と、三人の一眼巨人(キュプロプス)を味方につけなさい」

ゼウスはこの六人を、地獄タルタロスから救い出した。

一眼巨人(キュプロプス)は大喜びであった。そしてゼウスには稲妻と雷、兄ハデスにはかくれ帽子、ポセイドンには三叉の鉾(ほこ)を与えた。

勝敗はゼウスたちに上がった。

父と他の巨人族を地獄タルタロスに幽閉し、百腕巨人をその牢番にした。巨人族のアトラスは、ゼウスにはむかった罰として、天をささえることを命じられた。
ゼウスたち3兄弟はくじをひいた。そして、ゼウスが空を、ポセイドンが海を、ハデスが冥府を支配することとなった。

カラヴァッジョ 

ジュピター(ゼウス)、ネプチューン(ポセイドン)、プルート(ハデス)

1597-1600  Ceiling painting in oil, 300 x 180 cm  Casino Boncompagni Ludovisi, Rome

ヨアヒム・ウィテウァール
ティタン族と神々の戦い
 1600  Oil on copper   Art Institute of Chicago, Chicago

ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話   文学