アート at ドリアン   絵画の主題      ギリシャ神話解説
クリュティエ
水の妖精で、アポロに愛された。しかし、アポロは彼女に飽きてしまい、クリュティエは捨てられてしまう。

彼女は九日間、冷たい地面に座ったままで、何も食べず、何も飲まず過ごした。ただ彼女の涙と冷たい露が彼女の唯一の食べ物であった。

彼女はずーと、太陽を見つめていた。アポロは太陽の神である。朝太陽が昇り、一日のコースをゆっくりとアポロは馬車で移動するのである。

ついに彼女はその場で根を生やし、ひまわりとなり、アポロの一日の航路を見つめつづけた。

PARODI, Filippo
1680s  Marble  Galleria di Palazzo Reale, Genoa

レイトン
1895-96


ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話   文学