ホイエン、ヤン・ファン
Jan van Goyen (1596-1656)
オランダ バロック

農村や海辺に生きる人々を描いた。単色に近い色調が特徴。このような「単色様式」は1630年代オランダ絵画の流行であった。

マニエリスム風に想像力に頼って風景を描くのではなく、実景に即して写真のように描いた風景画の創始者の一人。

ホイエン ≪ 冬 ≫ 1625 | 44 x 44.5 cm | アムステルダム国立美術館
ホイエン ≪ 冬 ≫ 1625 | 44 x 44.5 cm | アムステルダム国立美術館

ホイエン ≪ 夏 ≫ 1625 | 44 x 44.5 cm | アムステルダム国立美術館
ホイエン ≪ 夏 ≫ 1625 | 44 x 44.5 cm | アムステルダム国立美術館

ホイエン ≪ スヘーフェニンゲンの海辺 ≫ 1634 | 96.5 x 144 cm | エルミタージュ美術館
ホイエン ≪ スヘーフェニンゲンの海辺 ≫ 1634 | 96.5 x 144 cm | エルミタージュ美術館
地平線を低くして、大部分を空にあてる、という構図は、その後のオランダ絵画に大きな影響を与えた。

ホイエン ≪ 二本の樫の木のある風景 ≫ 1641 | 89 x 111 cm | アムステルダム国立美術館
ホイエン ≪ 二本の樫の木のある風景 ≫ 1641 | 89 x 111 cm | アムステルダム国立美術館

ホイエン ≪ ハーグの冬景色 ≫ 1645 | 52 x 70 cm | エルミタージュ美術館
ホイエン ≪ ハーグの冬景色 ≫ 1645 | 52 x 70 cm | エルミタージュ美術館

ホイエン ≪ The Valkhof at Nijmegen ≫   91.5 x 130 cm | アムステルダム国立美術館
ホイエン ≪ The Valkhof at Nijmegen ≫   91.5 x 130 cm | アムステルダム国立美術館

ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話  | 文学