ゴシック

1280-1510
12世紀、中世の「暗黒時代」(西ローマ帝国が滅亡した、紀元476年から、1000年ころまで) が過ぎ去り、輝く繁栄の時代をむかえた。さらにキリスト教が勝利を得た時代でもあり、騎士道時代(10−14世紀)でもあった。荘厳なゴシック様式の大聖堂建築がブームであった。

絵画の分野では、ロマネスクやビザンチンと比べて、自然主義の傾向が出てきた。このスタイルは13世紀後半、イタリアの芸術家たちの作品に現れ、ヨーロッパ全土に広がり、15世紀後半まで、200以上のも長い期間にわたる。

ゴシックという言葉は、後期ルネサンスの時期に生まれ、”野蛮な過去”という意味をあらわす。410年にイタリアに侵入し、ローマを略奪した北方ゲルマン民族、ゴート人からきている。やがてこの言葉は、軽蔑的な意味合いを失い、広い意味で、ルネサンス以前の200年間をさすようになる。

ちなみに日本は1333年に、鎌倉幕府滅亡を迎えている。

初期ゴシック美術 
チマブーエ (1208−85)  Cimabue
ドゥッチョ (active 1278-1318/19)  Duccio di Buoninsegna
ジョット (1266−1337)   Giotto di Bondone
シモーネ・マルティーニ  (c.1285-1344)  Simone Martini
ロレンツェッティ(兄) (active 1320-48)   Pietro Lorenzetti
ロレンツェッティ(弟) (active 1319-48)  Ambrogio Lorenzetti

14世紀の国際ゴシック様式
ランブール兄弟  Limbourg
ジェンティーレ (1370-1427)  Gentile da Fabriano
ピサネッロ (1395-1455/6)    Antonio Pisanello
サセッタ  Sassetta  (1392-1450)

北方ヨーロッパにおける革新 
ロベルト・カンピン  Robert Campin (active(1406-44)
ヤン・ファン・エイク  Jan van Eyck (1385-1441)
ペトルス・クリストゥス  Petrus Christus (1410-72/3)
ロヒール・ファン・デル・ウェイデン  Rogier van der Weyden  (1399/1400-64)
ヒューホー・ファン・デル・フース   Hugo van der Goes (1436-82)
ハンス・メムリンク  Hans Memling (1430/35-94)
デーリック・バウツ  Dieric Bouts (1415-75)

後期ゴシック絵画 
ヘラルト・ダーフィット  Genard David (1460-1523)
ヒエロニムス・ボッシュ   Hieronymus Bosch (1450-1516)
マティアス・グリューネヴァルト Matthias Grunewald (1470/80-1528)


ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話