アーシル・ゴーキー
Arshile Gorky (1904-1948)
アルメニア・アメリカ   抽象表現主義

アルメニア生まれ。トルコ人による虐殺(1915年)から逃れ、1925年アメリカへ移民する。後に美術教師となる。
シュルレアリズムと抽象主義をつなぐ存在として評価が高まる。
1946年、火災のため作品の多くを失う。その後、ガンの診断が下る。
1948年、自動車事故で首を痛める。
妻が去っていく。
身辺に不幸があいつぎ、43歳で自殺した。

残念ながら、著作権の関係上、画像を載せられません。画像が見られる美術館にリンクしてあります。そこから、御覧下さい。
美術館リンク (作品の画像を見ることができます
ニューヨーク近代美術館
ワシントン・ナショナル・ギャラリー
メトロポリタン美術館
メトロポリタン美術館
ミネアポリス美術館  ミネソタ
ボストン美術館
オーストラリア・ナショナル・ギャラリー  キャンベラ



20世紀絵画へ戻る

*ホームページ | *西洋絵画 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学