ジオット・ディ・ボンドーネ
ポスターはこちら
Giotto di Bondone
イタリア  初期ゴシック, 1267-1337

イタリア、フィレンツェの郊外で、羊番の少年だったジオットは、岩に羊の頭を描いていた。

それを見たチマブーエは、その写実力に驚き、ジオットを弟子にした。
絵画の歴史はジョットから始まるといっても過言ではない。「近代絵画の祖」である。ジョットの絵画は、彼以前の絵画と比べると、その精神性、表現力、遠近の感覚、空間の使い方、どれをとっても群を抜いている。

ジョットは絵画の世界に革命を起こした。歴史家Micheal Levery はジョットのことを「偉大なる個性の創造者」と言っている。個性、人間性はルネサンス期に花開いたものだが、ルネサンス期の記録者は、それはジョットから始まった、と言っている。

ジョットの絵画の超越は、彫刻的な空間、形を、絵の中に取り入れたことにある。ピサノの彫刻はジョットに多大な影響を与えた。

アッシジのサン・フランチェスコ聖堂
上堂; 旧約聖書伝  身廊右壁、上・中段

エサウを拒むイサク
1288-1292


聖フランチェスコ伝
1.フランチェスコへの表敬

2.外套の施与
貧しい男に外套を与える聖フランチェスコ

3.神殿の夢

4.サン・ダミアーノ聖堂の十字架の説論

5.財産放棄

6.インノケンティウス3世の夢

7.会則の認可
教皇インノケンテウス3世がフランチェスコ教会

8.火の車の幻視

9.玉座の幻視

10.アレッツォでの悪魔追放

11.火の試練

12.法悦

13.グレッチョの降誕祭

14.泉の奇跡

15.小鳥への説教

16.チェラーノの騎士の死

17.ホノリウス3世の前での説教

18.アルルの修道院に現れる聖人

19.聖痕を受ける聖フランチェスコ

20.聖フランチェスコの死

21.修道士アゴスティーノとアッシジの司教グイドのもとに現れる聖フランチェスコ

22.聖痕の確認

23.聖人に別れを告げる聖女クララと修道女たち

24.列聖

25.グレゴリウス9世のもとに現れる聖人の幻視

新約聖書伝

4.キリストの哀悼

聖パウロ

聖ペテロ


キリストの生涯

聖母のエリザベツ訪問

キリスト降誕と羊飼いへのお告げ

東方三博士の礼拝

神殿奉献

エジプトへの逃避

嬰児虐殺

マッダレーナ礼拝堂
マグダラのマリア伝

2.ソジモの衣を受けるマグダラのマリア

3.ラザロの蘇生

4.ノリ・メ・タンゲレ (我に触れるな)

5.天使と語るマグダラのマリア

7.マルセイユへの旅

8.聖ルフィヌスと司教ポンターノ




ポスターはこちら


ゴシックのページへ行く

*ホームページ | *西洋絵画 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学