アルベルト・ジャコメッティ 
Alberto Giacometti (1901−1966)
スイス  シュルレアリスト

スタンバで画家の息子として生まれる。ジュネーブの美術学校で学んだ。パリへ出て、1925年ころからキュービズムのブロンズ像を創る。1930年代はシュールレアリスムの影響を受け、1940年代から彼独特の細長く、痩せた、寂しい人間像をつくるようになった。
(無断転載禁止)

残念ながら、著作権の関係上、画像を載せられません。美術館の画像が見られるサイトにリンクしてあります。そこから、御覧下さい。
世界の美術館リンク集
(各画家、アーティストの作品画像を見ることができる世界中の美術館リンク集)
シカゴ美術館
サンフランシスコ美術館
グッゲンハイム美術館  ニューヨーク
メトロポリタン美術館  ニューヨーク
メトロポリタン美術館  
ボストン美術館
ニューヨーク近代美術館 
ニューヨーク近代美術館 (フラッシュ 2001ジャコメッティ展)
ワシントン・ナショナル・ギャラリー  ワシントンD.C.
ハーシュホーン美術館・彫刻庭園  ワシントンD.C.
チューリッヒ美術館  スイス
Musee Jenisch ヴェヴェイ  スイス
アウクスブルク州立美術館  ドイツ
アウクスブルク州立美術館  ドイツ
テイト・ギャラリー  ロンドン

20世紀絵画へ戻る

*ホームページ | *西洋絵画 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学