Women in Arts

アルテミジア・ジェンティレスキ
Artemisia Gentileschi
イタリア , 1593-1652

Altemisia はローマに生まれた。父親オラツィオ・ジェンティレスキは画家である。近年、フェミニスト(男女同権主義者)の批評家が、彼女を復活させるまで、多くの彼女の絵画は父親が描いたもの、とされていた。
カラバッジョの影響が濃く、影と光を巧みに描いた。彼女の才能は若い頃から花開き、父親はそれを理解して、遠近法をもっと習得させようと、個人的に教師をつけた。
女性的な絵画も描いているが、彼女は暗く、激しい、場面を描くことで知られている。フェミニスト(男女同権主義者)の批評家によると、彼女の絵画の暴力的な描写は、彼女自身が受けた暴力から来るのではないか、と言われている。
19歳の時に、Altemisia は個人教師から何度もレイプされて、それを訴えている。しかし、その訴えは、レイプをしたほうよりも、された彼女自身を傷つけた。

彼女の訴えを確かめるために、彼女自身が実際に、親指締め具で拷問を受けているのである。そのあげく、訴えられた男は、無罪放免となっているのである。
裁判の一ヵ月後、彼女は結婚し、フィレンツェに移り住んだ。そこでメディチ家の援助を受け、すばらしい絵画を描いている。1616年、女性で初めて、正式なアカデミーの会員となった。後にナポリに移り、そこで安楽に暮らした。
Artimisia は肖像画家として知られていたが、歴史絵画、宗教絵画が評判になり、並外れた女性画家としての名を残した。

Judith Beheading Holofernes 、no date
ge01.jpg (35301 バイト) oil on canvas
galleria degli Uffizi, Florence

『絵画の女神としての自画像』 Self Portrait as the Allegory of Painting
ge02.jpg (16757 バイト) 1630、Oil on canvas
The Royal Collection

マグダラのマリア Mary Magdalen 、c. 1613-1620
ge03.jpg (46652 バイト) Oil on canvas
57 11/16 x 42 1/2 in (146.5 x 108 cm)
Pitti Gallery, Florence


*ホームページ | *西洋絵画 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学