トマス・ゲインズバラ
ポスターはこちら
Gainsborough,Thomas (1727-1788)
イギリス  18世紀イギリス絵画  ロココ  ロマン主義

ゲインズバラは13歳のとき、画家を目指して、田舎からロンドンへ出てきた。そこで有名なフランス人の画家と共に学んだ。17世紀オランダの風景画の影響を受けた。初めのうちは、画商ののもとで、絵画の修復修復作業をしながら、風景画を描いた。
ゲインズバラは本当は風景画を描きたかったが、18世紀のイギリスでは、肖像画の需要が高かった。イギリス貴族を描き、名声を得た。彼の描く肖像画は、気品にあふれ、人気があり、流行を生んだ。
40代後半には、ロイヤル・アカデミーの創設メンバーとなった。1788年に亡くなった後、当時、ゲインズバラの好敵手であった、ジョシュア・レイノルズ卿は、イギリス国民絵画の歴史の最初のページに登場するのは、ゲインズバラである、と誉めたたえた。

ロバート・アンドリューズと妻フランシス
1750 Oil on canvas  ロンドン・ナショナル・ギャラリー

画家の娘、蝶を追うマーガレットとメアリー
Late 1750's Oil on canvas  ロンドン・ナショナル・ギャラリー

ジョナサン・バトール(ブルー・ボーイ)
1770  Oil on canvas ハンティントン美術館 サン・マリノ アメリカ

画家の娘とネコ
1759 - 1761 Oil on canvas 75.6 x 62.9 cm  ロンドン・ナショナル・ギャラリー

フランシス・ダンカム
1777  Oil on canvas  234.3 x 155.2 cm  フリック・コレクション  ニューヨーク

犬とピッチャーを持つ農家の少女
1785 Oil on canvas  174 x 124.5 cm  アイルランド国立美術館  ダブリン アイルランド

サラ・シドンズ夫人
1785 Oil on canvas  126 x 99.5 cm  ロンドン・ナショナル・ギャラリー

リチャード・ブリンズリー・シェリダン夫人
1785 - 1786 Oil on canvas  219.7 x 153.7 cm   ワシントン・ナショナル・ギャラリー
 

A Lady Walking in a Garden with a Child , 1785  J.Paul Getty Museum、  Los Angeles
 この女性と子供が公園を歩いている。誰を描いたものかは分かっていない。少なくとも、イギリスの上流階級の肖像画であろう。女性は派手な飾りのついたつば広の帽子をかぶり、巻き毛が肩まである。ヘアースタイルは、1785から1790年にかけて、イギリスで流行したものである。

白のパステルで、女性の軽快な足取りや、わずかに吹いている風で、葉が波立つように動いている様子を表現している。

この絵は、ロンドンのテムズ川の堤防を散歩する、おしゃれな女性を描いている。この絵を描くために、ゲインスバラはセント・ジェームス公園へ出かけて、「おしゃれな服装の女性達」をスケッチした。



ポスターはこちら




新古典主義に戻る

*ホームページ | *西洋絵画 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学