フラゴナール
ポスターはこちら
Fragonard ( 1732-1806)
フランス  ロココ        

南フランス、グラッス出身。パリでブーシェに学び、ローマ賞を受賞して、イタリアへ留学する。フランス革命後は不遇のうちに没した。

帰国後、『コレシュスとカリロエ』でアカデミー入会資格を得るが、作品を提出せず、以後、風俗画、風景画など、自由奔放に絵を描いた。

グルーズより、七歳年下であるが、すでに、様式、主題において、グルーズとはかなり違ってきている。

「かんぬき」は新古典主義的な作品であるし、「水浴の女たち」をはじめ、多くは、軽いタッチで、後の印象派を思わせる。

肖像画では、モデルの個性の表現が際立ち、後に来る、ロマン主義を予告してるといえる。

黄金の子牛に生贄を捧げるヤロブアム
1752  115 x 145 cm   エコール・デ・ボザール  、パリ

キューピッドからの贈り物を姉妹に見せるプシュケ
1753  Oil on canvas, 168 x 192 cm  ロンドン・ナショナル・ギャラリー

コンサート
1754   62 x 74 cm   ウォーレス・コレクション  ロンドン

1759   73 x 97 cm   ルーヴル美術館

揺りかご
1761-65 Oil on canvas, 46 x 55 cm  ピカルディ美術館  アミアン

ぶらんこの絶交のチャンス
1767 Oil on canvas, 81 x 64 cm  ウォーレス・コレクション  ロンドン

音楽のレッスン
1769  110 x 120 cm   ルーヴル美術館

読書する女
1770-72  Oil on canvas  82 x 65 cm ワシントン・ナショナル・ギャラリー・オブ・アート 

恋の成り行き  1 逢い引き
1773  318 x 244 cm  フリック・コレクション 、ニューヨーク

恋の成り行き  2 追跡
1773  318 x 216 cm  フリック・コレクション 、ニューヨーク

恋の成り行き  3 冠を受ける恋人たち

閂(かんぬき)
1778 Oil on canvas  73 x 93 cm  ルーヴル美術館
新古典の秩序を持つ作品



ポスターはこちら



ロココへ戻る

*ホームページ | *西洋絵画 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学