画家名・アーティスト名一覧  Artist INDEX
     |      |      |  ちつ   | なにぬねの
     |      | やゆよ |      |  
マックス・エルンスト
ポスターはこちら
Max Ernst(1891−1976)
ドイツ  シュリアリズム / ダダ

ケルンで生まれた。

ボン大学で哲学と心理学を学ぶ。ゴッホの影響で独学で美術を学ぶ。

1913年、ベルリンの「第一回ドイツ秋季サロン」に参加した。マッケ、ドローネー、アポリネールらと交友があった。

1914年〜18年、第一次大戦に従軍。

戦後、1919年、アルプとともに、ダダ・グループの「ケルン・ダダ」をつくった。

1922年にパリに移る前後からシュルレアリズムの影響を受けた作品を制作するようになった。

以前から実験的に行ってきたフロッタージュ技法を25年に完成させた。
ブルドンの「純粋心理のオートマティスム」が契機となっている。
その後はコラージュの技法を推し進めた。

ゲシュタボに抑留生活をさせられていたが、1941年、アメリカへ渡る。
ポロックのドリッピングを先取りするような作品も制作した。
当時、アメリカにいたプルトンやデュシャンらとともに、アメリカにシュルレアリスムを紹介した。

1955年、パリに戻る。
(フロッタージュとは、ものの表面に紙をあてて、「こすること」でその模様を写しとる技法。)

残念ながら、著作権の関係上、画像を載せられません。美術館の画像が見られるサイトにリンクしてあります。そこから、御覧下さい。
このマークをクリック
1916  塔 スコットランド国立美術館  エジンバラ
1919   手の中の帽子、頭の上の帽子 スコットランド国立美術館  エジンバラ
1919-20  あいまいな形態
1920 帽子は男を作る ニューヨーク近代美術館 MoMA
1920   Katharina Ondulata スコットランド国立美術館  エジンバラ
1921   セレベス島の象 ロンドン・テイト・モダン
1921   傘と女性 スコットランド国立美術館  エジンバラ
1921   牧草のような自転車 ニューヨーク近代美術館 MoMA
1922   オイディプス王
1923   ユビュ王

ユビュ王:アルフレッド・ジャリ作の戯曲
パリ国立近代美術館 ポンピドーセンター
1924   女性、老人、花、  パリ ニューヨーク近代美術館 MoMA
1924   2人の子供が一羽のナイチンゲールに脅かされる ニューヨーク近代美術館 MoMA
1925   海と太陽 スコットランド国立美術館  エジンバラ
1926   聖母マリアが3人の目撃者の前で幼児キリストを懲らしめる ルードヴィヒ美術館 ケルン
1926  The Great Lover T スコットランド国立美術館  エジンバラ
1927  鳥の記念日

 (上から4番目)
カルティーニ美術館  マルセイユ フランス
1927   キス グッゲンハイム美術館  ニューヨーク
1927-28   森 グッゲンハイム美術館  ニューヨーク
1928   森 スコットランド国立美術館  エジンバラ
1928   海 ニューヨーク近代美術館 MoMA
1931   森と太陽 ニューヨーク近代美術館 MoMA
1933   動物形のカップル グッゲンハイム美術館  ニューヨーク
1934-35   トリの頭 ニューヨーク近代美術館 MoMA
1936   生きる喜び スコットランド国立美術館  エジンバラ
1936  森のニンフ、エコー  (パリ) ニューヨーク近代美術館 MoMA
1937  炉端の天使
1941  荒野のナポレオン ニューヨーク近代美術館 MoMA
1941   1941年のアリス ニューヨーク近代美術館 MoMA
1942   シュルレアリスムと絵画
1943   ヴォクス・アンジェリカ エール大学付属美術館 、ニューヘヴン
1954   夜の美 ハーシュホーン美術館
1962   フランスの庭 パリ国立近代美術館 ポンピドーセンター
美術館リンク
メトロポリタン美術館
シカゴ美術館
サンフランシスコ美術館
ヴェニス Peggy Guggenheim コレクション


ポスターはこちら



20世紀絵画へ戻る

ホームページ | 西洋絵画 | 女流画家 | 聖書の物語 | ギリシャ神話  | 文学