デュフィ
ポスターはこちら
Raoul Dufy (1877-1953)
フランス  フォーヴィズム
ル・アーブル市立美術学校の夜間クラスに通っていた。
1900年、奨学金を得て、パリ国立美術学校のレオン・ポナに学ぶ。
1905年、サロン・ドートンヌでマティスに感銘を受ける。以後、フォーヴィズムに進む。

絵画だけでなく、版画、舞台芸術、陶芸など幅広く活躍した。

≪残念ながら著作権の関係上、画像を載せられません。下の美術館リンクで画像を参照して下さい≫
  このマークをクリックしてください
1930   デュフィ夫人の肖像 ニース美術館
1937  電気の精  パリ市立近代美術館
美術館リンク (作品の画像を見ることができます)
テイト・ギャラリー  ロンドン
シカゴ美術館
エルミタージュ美術館  ロシア
フィラデルフィア美術館
ベルギー王立美術館
ダラス美術館  テキサス
サンフランシスコ美術館
ロンドン王宮コレクション 
ニュー・サウス・ウェールズ美術館  シドニー  オーストラリア
コートールド美術研究所  ロンドン
E.G. Buhrle Collection  チューリッヒ  スイス
Fondation Bemberg Museum  トゥルーズ フランス
Fred Jones Jr. Museum of Art    オクラホマ大学
Fred Jones Jr. Museum of Art    オクラホマ大学
インディア大学付属美術館  インディアナ
インディアナポリス美術館  インディアナ



ポスターはこちら




20世紀絵画へ戻る

*ホームページ | *西洋絵画 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学