デポルト、アレクサンドル=フランソワ
Alexandre-Francois Desportes (1661-1743)
フランス ロココ期

フランドルの写実主義を学んだ。

1699年の『狩猟家姿の自画像』でアカデミー入会を果たす。

この作品が、歴史画が主流を占めていた、アカデミーで認められたことの意味は、小さくない。

狩猟家姿の自画像
1699, canvas, Musee du Louvre, Paris

バラの花の陰で獲物を見守る犬
1724, canvas, Musee du Louvre, Paris
バラの花を、写実的に見事に描きあげている。装飾性をも兼ね備えた作品となっている。

孔雀と葡萄
-
oil on canvas,  205x180cm

リヨン美術館

*ホームページ | *西洋絵画 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学