サルヴァドール・ダリ            ポスターはこちら
Salvador Dali (1904−89)
スペイン   シュルレアリズム

バルセロナの近くのフィゲラスに生まれた。マドリードの美術学校で放校処分を受け、1928年、パリに行き、シュールレアリスムの詩人や画家を知った。

1934年10月、バルセロナにいたダリはなんとかパリまで逃げた。カタルーニャ分離独立派が独立を宣言、政府軍と戦闘に入ったのだ。このとき描き始めたのが、「内乱の予感」だった。

1931年にスペインのブルボン王政が崩壊した。その後政権は安定せず、1936年の総選挙で右翼をやぶり、再び左翼が政権を取り、人民戦線内閣が成立した。しかし、ファシズムの勢力も台頭し、混乱の中、フランコ将軍がクーデターを画策。しかし失敗に終わる。

ここからスペインは内乱に突入していく。人民戦線を支援していたのは、ソ連とメキシコ。フランコの反乱軍を支援したのは、ファシズム国家ドイツとイタリアであった。イデオロギーのぶつかり合いの内戦であった。
この間、1937年4月26日、バスクの古都ゲルニカがドイツとイタリアに爆撃され、多くのバスク人が犠牲となった。ピカソが「ゲルニカ」を描き上げた。

人民戦線には、国際旅団といわれる外国人義勇兵がいた。ヘミングウェイの参加が有名。ちなみに「誰があめに鐘は鳴る」の小説、映画は、このスペイン内戦が舞台。

内戦は1939年、フランコのマドリード占領、後、4月の内戦終結宣言で一応決着が付くが、同じ年の9月には第二次世界大戦が勃発した。

ダリはアメリカに亡命。フロイト理論にもとずくシュールレアリスムの限界を自覚し、独自の活動を展開していった。

≪残念ながら著作権の関係上、画像を載せられません。下の美術館リンクで画像を参照して下さい≫

1928 スコットランド国立美術館
1929 照らし出された快楽 ニューヨーク近代美術館
1930 エディプス・コンプレックス サンフランシスコ近代美術館
1931 記憶の固執 ニューヨーク近代美術館
1931 クリーヴランド美術館 オハイオ
1931-32 Birth of Liquid desires ペギー・グッゲンハイム・コレクション
1934 小さな劇場 ニューヨーク近代美術館
1934 /35 Mae West's Face which May be Used as a Surrealist Apartment シカゴ美術研究所
1935 ガラの肖像 ニューヨーク近代美術館
1936 City of Drawers, 1936 シカゴ美術研究所
1936 苦悩のサイン スコットランド国立美術館
1936 内乱の予感

スペイン内乱の予感を描いている。自己破壊をしていく人間は巨大な民衆。
フィラデルフィア美術館
1936 忘れられた水平線 ロンドン・テイト・ギャラリー
1936-37 永遠のヴィジョン シカゴ美術研究所
1937 頭が雲でいっぱいのカップル Museo di Arte Moderna e Contemporanea, Trento, Italy
1937 怪物の発明 シカゴ美術研究所
1938 崇高な瞬間 シュトゥットガルト州立美術館
1941 Honey is Sweeter than Blood サンタ・バーバラ美術館 カリフォルニア
1944 Hidden Faces, c. 1944 シカゴ美術研究所
1944 目を覚ます1秒前、ザクロの実のまわりを1匹の蜜蜂が飛び回ったために見た夢 ティッセン=ボルネミッサ・コレクション
1946 聖アントニウスの誘惑 ブリュッセル王立美術館
1948 ポルト・リガドの聖母 Haggerty Museum of Art at Marquette University, ウィスコンシン
1948 Enid Haldorn サンフランシスコ美術館
1950 The Madonna of Port Lligat 福岡市美術館
1951 炸裂したラファエル風の頭部 スコットランド国立美術館
1951 十字架の聖ヨハネのキリスト グラスゴー美術館 スコットランド
1956 スルバランの頭蓋骨 ハーシュホーン美術館
1957 サンディエゴ・エル・グランデ ビーヴァブルック美術館  ニュブランズウィック州 カナダ
1960 Canto 100 - Saint Bernard's Prayer ダラス美術館 テキサス
1960 ファン・デ・パレーハの肖像(ベラスケスの弟子) ミネアポリス美術館  ミネソタ
1961 インディアナポリス美術館
1964 ミルキー・ウェイ ニュー・サウス・ウェールズ美術館  シドニー
1969 The Mystic Tose Madonna カントン美術館 オハイオ
1969 毛皮のヴィーナス Neue Galerie Graz, Austria
1975 秋の人肉食い ロンドン・テイト・ギャラリー
1979 ナルシスの変貌 ロンドン・テイト・ギャラリー
1980 消えていく顔 インディアナポリス美術館



ポスターはこちら




20世紀絵画へ戻る

*ホームページ | *西洋絵画 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話   *文学