ショッピング 西洋絵画史 女流画家 ギリシャ神話 聖書の物語 文学 画像使用と著作権 リンク集
画家名・アーティスト名一覧  Artist INDEX
     |      |      |  ちつ   | なにぬねの
     |      | やゆよ |      |  
西洋美術史 年表 
クールベ、ギュスターヴ
 (1819-1877) 
フランス  写実主義

当時の画壇の潮流であった、絵画の理想化を拒否。視覚に忠実なレアリスムを確立。
同朋の、ドーミエとジャン・フランソワ・ミレーとで、19世紀中頃の写実主義を推し進めた。

絵画の批評家や一般の人々は、実際の生活よりも良く描かれている絵画に慣れていた。

クールベはこれに反対した。普通の場所や人々をそのまま描いた。

1840年ころ、表面的には法律の勉強をするとして、パリに出る。実際は、ルーヴル美術館で名作を模写して、独学した。1844年に、自画像の Courbet with a Black Dog が、サロンで認められた。

「生まれながらの共和主義者」と言っていたほど、社会的関心が高い画家であった。

1848年の革命とそれに次ぐ、第二共和制は彼にとって理想であった。

その理想を踏みにじったのがナポレオン三世である。

第二帝政時代、政府がクールベにレジオン・ドヌール勲章と授与しようとした。

「それよりも私は自由がほしい」

クールベはこう言い放ち、拒絶した。

オルナンの埋葬 、1849-50
Oil on canvas, 314 x 663 cm
Musee d'Orsay , Paris

画家のアトリエ 
Oil on canvas , 361 x 598cm
Musee d'Orsay, Paris

出会い 「こんにちわ、クールベさん」、1854

自画像 (傷ついた男)  、1844-54

ジョーの肖像 (美しきアイルランド女)  、1865 (?)

印象派へ戻る


*ホームページ | *西洋絵画 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話  | *文学