ショッピング 西洋絵画史 女流画家 ギリシャ神話 聖書の物語 文学 画像使用と著作権 リンク集
画家名・アーティスト名一覧  Artist INDEX
     |      |      |  ちつ   | なにぬねの
     |      | やゆよ |      |  
西洋美術史 年表 
マルク・シャガール 
ポスターはこちら
(1887-1985)
ロシア  エコール・ド・パリ

ロシア、ウィテブスクに生まれる。ユダヤ人。
シャガールの家族は敬虔なユダヤ教徒であった。
世界は第一次大戦、ロシア革命、第二次大戦と激動していく、それはユダヤ人にとっては特に重い経験であった。シャガールの絵にはユダヤが主題になるものも多い。後年、父のルーツであるパレスティナ、エジプト、シリアを旅行している。

ペテルブルクの美術学校に学ぶ。
幻想的な絵画は、ユダヤ教の象徴やロシア民衆版画などから来るもの。
民族や、異邦人の悲劇、悲哀など、人間の苦悩が根底にある。
未来派や前衛美術に多くの影響を与えた。

初期には褐色系の色彩を基調とし、ゴーガンやナビ派の影響が見られる。
パリに出てからは故郷ヴィテプスクやロシアの情景、幼い日々の家庭内の情景、祭りや婚礼などの絵を描いた。

1910年パリへ行く。
 「ラ・リュッシュ(蜂の巣箱)」(芸術家たちの宿)で、B・サンドラール(詩人)やドローネーらと出会う。
 ここで多くの前衛芸術家と知りあう。フォーヴィズム、キュビズム、未来派など新しいスタイルを知る。

1914年 ベルリンの「シュトゥルム画廊」で個展を開く。これは「青騎士」のメンバーに称賛された。
      ベラと結婚。
      ベラとの結婚後は幸福な日々をパリの街や故郷を背景に描いた。

1914-23年までロシアに滞在。マレーヴィチと衝突した。画風の幻想性と非現実性がロシア政府に嫌われた。

1923年 パリに戻り、ゴーゴリ作「死せる魂」の挿絵を描く。

1941年 ニューヨーク近代美術館の招待でアメリカへ行く。

1944年 妻のベラが死去。
      ベラの死去後は花嫁と花婿を主題に繰り返し描いていた。

1947年 フランスに戻る。

1950.年 ヴァンス(南フランス)に住んで、陶器を制作していた。

1957年くらいから、ステンドグラスの制作を始めた。メッツ大聖堂(北フランス)、ハダサ病院(エルサレム)などにシャガールのステンドグラスがある。

1964年 パリのオペラ座の天井画を制作。

≪残念ながら著作権の関係上、画像を載せられません。下の美術館リンクで画像を参照して下さい≫

このマークをクリック
1909   ロシアの婚礼   ビュルレ・コレクション、 チューリッヒ
1911   私と村   ニューヨーク近代美術館
シャガールの最初のパリ時代の重要な作品。形式的にはフランスのキュビズムの影響があるが、ヴェテスブルクへの郷愁に満ちた作品。1914年、ベルリンで開かれた個展で展示されセンセーションを巻き起こした。
1911  詩人と鳥   ミネアポリス美術館  ミネソタ
1911  婚約者   メトロポリタン美術館 ニューヨーク
1911  誕生  シカゴ美術研究所
 1913年春「アンデパンダン展」出品。当時は「誕生、家の情景」という題だった。ロシア民衆版画の影響がある。
1911   雨  グッゲンハイム美術館  ニューヨーク
1911   雪 冬のヴィテブスク  メトロポリタン美術館 ニューヨーク
1911   詩人、3時半 (キュビズムの影響)  フィラデルフィア美術館
1911 ヴァイオリン弾き   ノルトライン・ヴェストファーレン美術館、デュッセルドルフ
1911-12 ヴァイオリン弾き    アムステルダム国立美術館
1911-12  酒を飲む兵士  グッゲンハイム美術館  ニューヨーク
1912   キリストの苦難  ニューヨーク近代美術館
1912   ゴルゴタの丘  ニューヨーク近代美術館
1912   母性  ニューヨーク近代美術館
1913  窓ごしのパリ  グッゲンハイム美術館  ニューヨーク
1914  ヴィテブスクの上に  オンタリオ美術館 トロント
1814  ヴィテブスクの上に  フィラデルフィア美術館
Sold Out
1914  自画像  フィラデルフィア美術館
1914  スモレンスク新聞  フィラデルフィア美術館
(向かい合っている男たちの間にあるのがスモレンスクという新聞。「戦争」という字がある。
1914   怪我をした兵士  フィラデルフィア美術館
1915   誕生日(シャガールの誕生日に花束を届けるベラ) 
         ニューヨーク近代美術館
1915-20  ウィテブスクの上に  ニューヨーク近代美術館
1916 桃色の恋人たち   個人蔵
1916-18  プリムの祭り (ユダヤ教のお祭り)  フィラデルフィア美術館
1917   ヴィテブスクの市場  メトロポリタン美術館 ニューヨーク
1918  家の裏  アルメニア美術館  Yerevan  アルメニア
1919   神よ!   フィラデルフィア美術館
1923  緑色のヴァイオリン弾き   グッゲンハイム美術館  ニューヨーク
1923   豚の飼い葉桶  (動物と女性シリーズのひとつ)
   フィラデルフィア美術館
1929   女性とバラ   ヒューストン美術館  テキサス
1929 恋人たち  テルアビブ美術館
1930年代   村の通り  ボストン美術館
1937 花束   個人蔵
1938-39 エッフェル塔の新郎新婦  ポンピドーセンター、国立近代美術館
1940   キリストの磔刑  フィラデルフィア美術館
1942   夏の午後の麦畑 (メキシコで制作)  フィラデルフィア美術館
1943   夜に (別称:ランプの下で)  フィラデルフィア美術館
花嫁と男が向かい合っている。頭上にランプが灯っている。ヴィテブスクの冬の夜。
1943 手品師  シカゴ美術研究所
1945   飛翔するそり  福岡市美術館
1945  夢見る人  ディクソン・ギャラリー、 テネシー
1949   赤い太陽  川村記念美術館
1949-59 デイジーと恋人たち  個人蔵
Sold Out
1950   ドラマー  Museo del Territorio Biellese  Biella  イタリア
1952 天使の入り江
1954 日曜日  個人蔵
1954-55 シャン・ド・マルス  フォククヴァング美術館
1956  モーゼ  サンフランシスコ美術館
1958  風景(青)  サンフランシスコ美術館
1959  恋人たち
   Museo Nacional de Bellas Artes  ブエノス・アイレス アルゼンチン
1960  花束とバトー・ムーシュ  ミネアポリス美術館  ミネソタ
1960   コンコルド広場  ミネアポリス美術館  ミネソタ
1961 レヴィ族(イスラエル12部族) ステンドグラス  

  ハダサー・ヘブライ大学メディカル・センター、イスラエル
1961-66 ノアと虹   マルク・シャガール国立美術館、ニース
1964 パリ・オペラ座天井画
1967  サーカス(挿絵)  エルミタージュ美術館  ロシア
1974  四季  サンフランシスコ美術館
1977 アメリカの窓(ステンド・グラス)  シカゴ美術研究所
1981   飛翔するピエロ
  Art Collection of the Biblioteca Luis Angel Arango  コロンビア
美術館リンク (作品の画像を見ることができます)
FBI 盗難美術プログラム
FBI 盗難美術プログラム
FBI 盗難美術プログラム
ロサンゼルス警察 盗難絵画サイト
ロサンゼルス警察 盗難絵画サイト
テイト・ギャラリー  ロンドン
ベルギー王立美術館
シャガール美術館 ニース
ユダヤ美術館  ニューヨーク
チューリッヒ美術館  スイス
Musee National Message Biblique Marc Chagall ニース フランス
ヒューストン美術館  テキサス
ヒューストン美術館  テキサス
カナダ国立美術館  オタワ
ペギー・グッゲンハイム・コレクション  ヴェネチア
Art Gallery of Greater Victoria  ブリティッシュ・コロンビア  カナダ
ニュー・サウス・ウェールズ美術館  シドニー  オーストラリア
Art Gallery of Ontario  トロント
Arthur Ross Gallery ペンシルヴェニア大学  
Canton Museum of Art  オハイオ
Canton Museum of Art  オハイオ
Canton Museum of Art  オハイオ
Canton Museum of Art  オハイオ
Canton Museum of Art  オハイオ
Canton Museum of Art  オハイオ
Canton Museum of Art  オハイオ
クリーヴランド美術館  オハイオ
E.G. Buhrle Collection  チューリッヒ  スイス
GAM - Galleria Civica d'Arte Moderna e Contemporanea トリノ イタリア
Goulandris Foundation Museum of Contemporary Art  アンドロス島  ギリシャ
Haggerty Museum of Art at Marquette University  ウィスコンシン
Hofstra Museum at Hofstra University  Hempstead  ニューヨーク
インディアナポリス大学  インディアナ
チューリッヒ美術館  スイス
the Los Angeles County Museum of Art Database  ロサンゼルス
モンタナ美術館  Missoula モンタナ
モンタナ美術館  Missoula モンタナ
ノートン美術館  ウエスト・パーム・ビーチ  フロリダ
Oglethorpe University Museum  ジョージア
Palazzo Magnani  レッジョ・エミリア  イタリア
Palazzo Ruspoli  ローマ  イタリア
ポートランド美術館  オレゴン
Saginaw Art Museum  ミシガン
セント・ルイス美術館  ミズーリ
サンタ・バーバラ美術館  カリフォルニア
Smart Museum of Art  シカゴ大学
Smart Museum of Art  シカゴ大学
Smart Museum of Art  シカゴ大学
フィレンツェ州立美術館  イタリア
State Russian Museum  ロシア
アムステルダム国立近代美術館  オランダ
テルアビブ美術館  イスラエル
ティッセン=ボルネミサ美術館  マドリッド スペイン  (少し重い)
トレチャコフ美術館  モスクワ
フォン・デア・ハイト美術館  ヴッパータール  ドイツ
All Saints Church  (ステンドグラス)  Tudeley  イギリス


ポスターはこちら



20世紀絵画へ戻る

*ホームページ | *西洋絵画 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話  | *文学