ショッピング 西洋絵画史 女流画家 ギリシャ神話 聖書の物語 文学 画像使用と著作権 リンク集
画家名・アーティスト名一覧  Artist INDEX
     |      |      |  ちつ   | なにぬねの
     |      | やゆよ |      |  
西洋美術史 年表 
カンパン、ロベルト
 新しいサイトはこちら
  1375-1444)
フランドル   初期フランドル派

15世紀はじめ、フランダースのトゥルネーの画家である。「フレマールの画家」と呼ばれた画家で、ネーデルランド絵画を築いたひとりである。北方ヨーロッパの絵画に、新たな改革をもたらした。

十字架上の盗賊
1410  Oil on wood, 33 x 92,5 cm   フランクフルト、シュテーデル美術館

女の肖像
1430  Wood, 41 x 28 cm  ロンドン・ナショナル・ギャラリー

男の肖像
1400-10 Wood, 40,7 x 28 cm  ロンドン・ナショナル・ギャラリー

キリストの降誕                              主題解説:聖書の物語へ行く
1420  Oil on wood, 87 x 70 cm  フランス、ディジョン美術館 (スイス国境に近い都市)




『キリスト降誕の図』は、カンピンの最も有名な作品である。

一つの画面に、キリストの生涯の三つのエピソードを並べているのは、珍しい。一つは「キリスト降誕」そのもの、二つ目は助産婦に関する言い伝え、そして三つ目は「羊飼いの礼拝」である。

いろいろな人々が出てくる。ちっぽけな赤ん坊のイエス・キリスト。その周りを取り囲む、不機嫌な助産婦、粗野な羊飼い、おんぼろの厩舎。とても聖書の中に出てくる風景と想像できないほど、現実的な光景である。

他の画家が描いた作品と比べると、カンピンの描く父親ヨセフは、とても優しそうで、頼りになる父親である。

他の作品、特に中世において、ヨセフは、側にはいるが、頼りなさそうで、あまり存在感のない父親なのである。ここでは、賢人のような、頼りになる父親として、ヨセフが描かれている。

受胎告知
1420s  Tempera on oak, 61 x 63,7 cm   ブリュッセル王立美術館

メロードの祭壇画
1427  Oil on wood, 64,1 x 117,8 cm ニューヨーク、メトロポリタン美術館
1 受胎告知 (中央)   64,1 x 63,2 cm
2 寄進者像   64,5 x 27,3 cm
3 仕事場の聖ヨセフ    64,5 x 27,3 cm

聖母の結婚
1428  Panel, 77 x 88 cm   スペイン、プラド美術館

暖炉衝立の前の聖母子
1430  Oil on wood, 63 x 49 cm   ロンドン・ナショナル・ギャラリー

聖三位一体
1433-35  Oil on panel, 34x24.5cm  ロシア、エルミタージュ美術館

ゴシックへ戻る

*ホームページ | *西洋絵画 | *女流画家 | *聖書の物語 | *ギリシャ神話  | *文学